60年以上前にピカソが描いたライトペインティングが未だに壮絶

1949年にLIFE誌のカメラマンGjon Mili(ジョン・ミリ)が撮影したピカソのライトペインティングの写真をご紹介します。南フランスにあるピカソ自宅をGjon Miliが訪ねてこのライトペインティングの撮影が行われました。

1枚目はケンタウロスが描かれています。描かれたケンタウロスもそうですがピカソのポーズも含め、写真としてかっこいいですね。最近ではこの手法を用いて現代でも作品を制作するアーティストがいますが、ここにその源があると思うとピカソの偉大さがわかりますね。ではご覧下さい。

life











なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

 
 
 

2013年5月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

必殺技感が凄過ぎ。吸い込まれそうな万華鏡ライトペインティングがMAXファンタジック!!... こちらはアメリカのアーティストJeremy Jacksonが制作したライトペインティングです。まるで万華鏡のような幻想的な世界が表現されています。写真だけで見ると、何かの必殺技?幻術か何か?と思えて、とてもファンタジックです。 Jeremy Jacksonにとって夜の風景は大きなキャンバスなの...
ピカソも絶賛。グルジアの孤高の画家ニコ・ピロスマニの絵は病み付きになるレベル... こちらは19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したグルジアのニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani)(1862〜1918)という画家です。 なんとも中毒性のある絵ではありませんか。人物たちの表情や絵の色彩、ピカソが激賞するのも頷けます。これは生で観てみたいですね。ロシアの「アンリ・ルソ...
衝撃の変遷。天才・ピカソが生涯に描いた自画像(15〜90歳)... 世界的に有名なスペインの画家パブロ・ピカソは誰もがご存知だと思います。生涯におよそ1万3500点の作品を残したとされています。そのピカソの描いた自画像の変遷を見てみましょう。 無機顔料のプロシア青の暗青色を基調に使った「青の時代」、サーカス芸人などを描いた「ばら色の時代」、「アフリカ彫刻の時代...
😱怖い映画が勢ぞろい!!10/12から武蔵野館で「リング」、「学校の怪談」、「犬神家... 東京の新宿にある老舗の映画館、武蔵野館は2020年で100周年を迎えます。この100周年を記念して10月に「東洋の恐怖と、西洋の絶叫」と題した映画の上映イベントが開催されます。 10月12日に「吸血鬼ノスフェラトゥ」、10月13日に「学校の怪談」、10月14日に「リング」、10月15、16日に...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
「#名画で学ぶ主婦業」が最高。笑えるし、あるある過ぎるwww... ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」が最高に面白いです。ボッティチェリやジョット、マンテーニャ、エドガー・ドガ、喜多川歌麿に原田直次郎など西洋絵画から浮世絵まで古今東西、様々な名作が投稿されています。 「わかるわ〜〜ww」、「うちもいつも、その状態になります(笑)」、「その絶望感痛いほどわかりま...
     

SNSで更新情報を配信中!!