60年以上前にピカソが描いたライトペインティングが未だに壮絶

1949年にLIFE誌のカメラマンGjon Mili(ジョン・ミリ)が撮影したピカソのライトペインティングの写真をご紹介します。南フランスにあるピカソ自宅をGjon Miliが訪ねてこのライトペインティングの撮影が行われました。

1枚目はケンタウロスが描かれています。描かれたケンタウロスもそうですがピカソのポーズも含め、写真としてかっこいいですね。最近ではこの手法を用いて現代でも作品を制作するアーティストがいますが、ここにその源があると思うとピカソの偉大さがわかりますね。ではご覧下さい。

life











なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

 
 
 

2013年5月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

必殺技感が凄過ぎ。吸い込まれそうな万華鏡ライトペインティングがMAXファンタジック!!... こちらはアメリカのアーティストJeremy Jacksonが制作したライトペインティングです。まるで万華鏡のような幻想的な世界が表現されています。写真だけで見ると、何かの必殺技?幻術か何か?と思えて、とてもファンタジックです。 Jeremy Jacksonにとって夜の風景は大きなキャンバスなの...
ピカソも絶賛。グルジアの孤高の画家ニコ・ピロスマニの絵は病み付きになるレベル... こちらは19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したグルジアのニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani)(1862〜1918)という画家です。 なんとも中毒性のある絵ではありませんか。人物たちの表情や絵の色彩、ピカソが激賞するのも頷けます。これは生で観てみたいですね。ロシアの「アンリ・ルソ...
衝撃の変遷。天才・ピカソが生涯に描いた自画像(15〜90歳)... 世界的に有名なスペインの画家パブロ・ピカソは誰もがご存知だと思います。生涯におよそ1万3500点の作品を残したとされています。そのピカソの描いた自画像の変遷を見てみましょう。 無機顔料のプロシア青の暗青色を基調に使った「青の時代」、サーカス芸人などを描いた「ばら色の時代」、「アフリカ彫刻の時代...
ミヒャエル・エンデの父親であり画家のエドガー・エンデのシュルレアリスム絵画... ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)(1929-1995)といえばドイツの児童文学作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」として映画化された「はてしない物語」や、日本で根強い人気のある「モモ」などがとても有名ですね。 そのミヒャエル・エンデの父親エドガー・エンデ(Edgar End...
【過去最大級】「クリムト展」が4/23から東京都美術館で開催... グスタフ・クリムトの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」が2019年4月23日(火)〜7月10日(水)の期間に東京都美術館で開催されます。 この展覧会はクリムトの没後100年を記念して開催される展覧会で、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にある「ユディトⅠ」に「ベートーヴェン・フリーズ...
戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」... Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが...
     

SNSで更新情報を配信中!!