超絶技巧の極致。伝説の彫刻家・安藤緑山の象牙彫刻が超リアル


彫刻家・安藤緑山(あんどうりょくざん)(1885〜1955年)の象牙彫刻をご紹介します。

安藤緑山は象牙を使った彫刻作品である牙彫(げちょう)を主に制作した彫刻家です。江戸時代に始まった牙彫(げちょう)は、明治期に外貨獲得の国策として海外に輸出されはじめた、「牙彫ブーム」に安藤緑山も野菜や果物などの作品を50数点以上残しています。

本当にこれらが象牙で作られたものだとは思えないくらいリアルな野菜や果物です。象牙といえばクリーム色を思い浮かべる方が多いと思いますが、安藤緑山氏は象牙に着彩しています。それが最大の特徴と言われています。






ではご覧下さい!こちらは最高傑作とされている「竹の子と梅」です。京都にある清水三年坂美術館に所蔵されています。
 photo 196bd307-s_zps965dcfd8.jpg

 photo bc6fb493-s_zpsc2c65af5.jpg

 photo 372f4d42-s_zps54ed2edc.jpg

 photo 983db460-s_zpsd31d943e.jpg

 photo 578391_c450_zpsb11570db.jpg

 photo bb4bd85e-s_zps2b7adf32.jpg

 photo manzou1_zpsf42a65c6.jpg

 photo 44f19d97-s_zpsd62d4328.jpg

 photo 66f184e1-s_zpse0141a67.jpg

 photo 75_1_zpsa1397e01.jpg

こちらは展示風景です
 photo topics9353ecfe3a9c2267dcc167c1cfaf1b9f_zps6df69898.jpg

こんなテレビを見た。
美の巨人

※2013年6月12日に掲載した記事を再編集しています。

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。


子供の頃見た悪夢や恐怖。付箋に描かれた不気味なモンスター達「Sticky Monsters」子供の頃見た悪夢や恐怖。付箋に描かれた不気味なモンスター達「Sticky Monsters」【要チェック】こちらもオススメ!!