先駆的なビジュアル。「怪獣博士」として有名な大伴昌司の怪獣大図解の世界

大伴昌司(1936〜1973)は「怪獣博士」と呼ばれ怪獣の中身である体内構造の図解を設定し、先駆的なビジュアルを開拓したSF研究家です。

1960~70年代にかけて、少年雑誌の企画・構成・レイアウトで活躍しました。特にウルトラシリーズの怪獣図解は大ブレイクし、国内に留まらず海外でも多くの人に影響を与えています。

大伴がスケッチなどで体内構造を考案し、遠藤昭吾、南村喬之、柳柊二、石原豪人、水氣隆義、梶田達二などが実際に描いています。






すべての画像を見る






こちらが元となった大伴昌司が描いたスケッチです。

2012年には弥生美術館で大図解展が開催され話題を呼びましたね。以下は展示の様子です。






怪獣博士!  大伴昌司 ---「大図解」画報 (らんぷの本)
怪獣博士! 大伴昌司 —「大図解」画報 (らんぷの本)

怪獣画報[復刻版] (写真で見る世界シリーズ)
怪獣画報[復刻版] (写真で見る世界シリーズ)

少年マガジンの黄金時代 ~特集・記事と大伴昌司の世界~
少年マガジンの黄金時代 ~特集・記事と大伴昌司の世界~

 
 
 

2014年4月9日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【空想世界】実在しない伝説の生き物をリアルに描いた解剖学図... ブラジルのアーティストWalmor Correaのイラストレーション作品をご紹介します。 スパイダーマンなどのキャラクターの他に、人魚や精霊、伝説の生き物などこの世には存在しないものたちの解剖図をリアル描かれています。リアルな臓器や格部分にまで注釈が入っておりビジュアル的にも美しさを感じますね...
分かりやすい!?皮膚に解剖図を描けば人体の構造がよく理解出来る... アメリカのアーティストDanny Quirk(ダニー・カーク)はアクリル絵の具を使って皮膚にリアルな解剖図を描いています。 背中や、頭部、腕に足など様々な部分に筋肉や静脈、動脈、骨格、器官などの人体の内部をリアルに描き、皮膚の断面も同時に描いているので、筋肉や骨格がむき出しになった人間のように...
超スタイリッシュなグラフィック表現。ポーランドのグラフィックデザイナーKrzysztof Domar... これまでに多くのアーティストやデザイナーが制作した映画ポスターを紹介してきましたが、ポーランドのイラストレーター、グラフィックデザイナーのKrzysztof Domaradzkiが制作した映画ポスターもとてもスタイリッシュでかっこいいです。 「LEON」「ブレードランナー」「ヒート」などの映画...
見るのが辛い。現代社会を表現したアボガド6の風刺イラスト... イラスト、マンガ、映像を制作するアーティスト、アボガド6(@avogado6)さんがTwitterに投稿するイラスト作品は、現代社会における様々な問題をモノトーンを主体として無機的に描いています。 児童虐待や、家庭内簿力、自殺、暴力、不登校の他に、孤独や焦燥感、家族、友人、恋人などの関...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
一流アーティストたちが紐解く、制作秘話やデザイン、コンセプト、スケッチの数々「The Art of ... ボーンデジタルから「The Art of 塔の上のラプンツェル(ジ・アート・オブ 塔の上のラプンツェル)」が発売されています。見てもらえばわかると思いますが、「ラプンツェル」の世界を凝縮したようなページの数々に興奮しっぱなしです。細やかな設定やキャラクターの造形、ストーリーボード、カラースクリプトな...
     

SNSで更新情報を配信中!!