【江戸時代】小さくて可愛い見事な意匠。日本独自の小さな細密彫刻「根付」の世界

根付(ねつけ)」とは江戸時代に巾着などの帯から提げて携帯する時に紐の先に結わえて使用する滑り止めの留め具です。

その細密な彫刻は日本独自の文化から生まれました。海外でもその評価は高く装飾美術品として博物館や美術館に多くの日本の「根付」が所蔵されています。

携帯電話のストラップは「根付」が起源とされています。ガチャガチャのフィギュアなども想起させますね。大きさは小さいもので1cm程度とかなり小さいものもあり、素材は黄楊(ツゲ)(常緑小喬木)や象牙が使われています。

見事な意匠とユニークなキャラクターが彫られています。まさに日本文化が凝縮されたような小宇宙を感じますね。






以下は根付としては最高額約3,900万円で落札された和泉屋友忠「友忠の馬」






「形彫根付」、「饅頭根付」、「柳左根付」など形状にも様々な種類があります。詳しくはこちらに多くの情報が掲載されていますので、是非ご覧下さい→根付とは何ですか?






根付 (NHK美の壺)
根付 (NHK美の壺)

根付を楽しむ―掌の上のアート
根付を楽しむ―掌の上のアート

根付今昔 Past and Present (緑青 ROKUSHO vol.4)
根付今昔 Past and Present (緑青 ROKUSHO vol.4)

 
 
 

2014年4月25日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

超絶技巧の極致。伝説の彫刻家・安藤緑山の象牙彫刻が超リアル... 彫刻家・安藤緑山(あんどうりょくざん)(1885〜1955年)の象牙彫刻をご紹介します。 安藤緑山は象牙を使った彫刻作品である牙彫(げちょう)を主に制作した彫刻家です。江戸時代に始まった牙彫(げちょう)は、明治期に外貨獲得の国策として海外に輸出されはじめた、「牙彫ブーム」に安藤緑山も野菜や果物...
【超絶技巧】江戸後期から明治にかけて活躍した象牙彫刻家・島村俊明... こちらは島村俊明(1855・安政2年-1896・明治29年)(しまむらしゅんめい)の象牙彫刻作品です。上の作品は高さが約33㎝。豊かな表情とポーズの柔軟さ、細密に刻まれた衣服の文様など技術の高さが伺えます。 歴史上の人物をモチーフにした作品が多く、明治時代の象牙彫刻全盛期の一翼を担いました。 ...
まさに超絶技巧。幕末・明治の金工師・正阿弥勝義の精緻過ぎる美術工芸品... 正阿弥勝義(しょうあみかつよし)(1832~1908)の作品をご紹介します。正阿弥勝義は幕末~明治時代に活躍した金工師です。写実的な表現と精緻な彫金、豊かな質感表現で上品な作風が特徴的です。 正阿弥勝義の生きた時代は、金工師には厳しい時代で、明治維新の影響で金工師と藩主との雇用関係は解消され生...
【展覧会】若冲に、夢チューです!『京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-』 髙島屋 京都・大阪会場に... 日本美術ブームを牽引する江戸時代の奇想の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)。没後220年を記念して、若冲が生涯のほとんどを過ごした京都に伝わる作品を一堂に集めた展覧会、「京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-」が以下の日程で開催されます。 京都髙島屋:2020年1月4日(土)~20日(月...
息を呑む迫力。凄い形相とダイナミックな技が炸裂する安本亀八の「相撲生人形」... 安本亀八(1826〜1890)の「相撲生(いき)人形」は「日本書紀」にある野見宿禰と当麻蹴速の力比べに題材をした作品です。野見宿禰が当麻蹴速の腰を掴み必死に投げ飛ばそうとする姿をダイナミックに表現しています。 「相撲生人形」は1890年の内国勧業博覧会に出品するつもりで制作されたようですが...
「考える。益子の新しい伝統に向けて」展... ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、MASHIKO Productとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。 「栗の木プロジェクト」は、イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリ(Enzo Mari 1932~)との対話から生まれた取り組みです。「目先...
     

SNSで更新情報を配信中!!