パターンで表現された美しき風景。森村玲の版画作品に見る日本の四季。

版画家・森村玲の木版画作品をご紹介します。日本の風景を木版画で表現しており、その四季折々の変化に富んだ美しさには驚かされます。

雪の積もった屋根、ストライプ上の田圃、木造の家屋など形態を単純化しパターンとして繰り返すことで風景の美しさを強調しています。色彩も和を感じさせる渋さですね。

「アナと雪の女王」でおなじみのアンデルセン童話「雪の女王」の絵本を森村玲が手がけています。

MORIMURA Ray






すべての画像を見る






 
 
 

2014年7月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。 こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。 小原古邨は、明治10年2月9日現在の石川県金沢市に生まれています。本名は小原又雄...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
雑然として散らかった室内。画家フランシス・ベーコンが30年以上描き続けたアトリエの写真... こちらは画家フランシス・ベーコンのアトリエ写真を集めたものです。改めて見るとやっぱり凄いですね。 よくこんな所であのような絵が描けたものですね。むしろ、この空間だったからこそあれらの絵が描けたのかもしれません。ベーコンはロンドンのサウス・ケンジントンのリース・ミューズ7番地にあったこのアトリエ...
これが絵画!?ゴミみたいなボロボロ過ぎる絵画作品... ブルックリンを拠点に活動するアーティストValerie Hegartyの作品をご紹介します。なんともダイナミックな作品ですね。ボロボロになったり、額が枝になっていたりと、、、。もうなんだかよく分かりませんね。 絵画というよりはインスタレーション、立体作品といったほうが適切かもしれません。 ズ...
強烈な個性。ファッショナブルな東京の若者を紹介した写真シリーズ「Tokyo Adorned」... こちらはアメリカの映画監督Thomas cardの「Tokyo Adorned」という写真シリーズで東京の若者の個性的なファッションに注目したものです。 同じ日本人が見てもかなり驚きのファッションですね。スチームパンクやアニメや漫画、サブカルから強く影響を受けたファッションやカラフルでサイケ、...
【アール・ブリュット】チェコのアウトサイダーアーティストLubos Plnyが描く解剖図的抽象絵画... 「アール・ブリュット」とは生の芸術、アウトサイダー・アート(特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のこと wiki)のことです。 Lubos Plny(ルボシュ・プル二ー)(1932-2003)さんは...
     

SNSで更新情報を配信中!!