ノスタルジックな世界に恍惚。ダンボールで作られた風景や建物が美しい

こちらはオーストラリア、メルボルン在住のDaniel Agdag(ダニエル・アグダグ)のダンボールで作られた作品です。

ダンボールの材質感や色味が生かされておりノスタルジックな世界になっていますね。実に細やかな手作業が伺えます。

「Lost Property Office(ロスト・プロパティ・オフィス)」(2017)という短編のストップモーションアニメーション(9分45秒)では、監督として制作し、全て手作業で制作され、2,500枚以上のリサイクル紙が使われています。

The Public Office of Daniel Agdag











すべての作品画像を見る

   
こちらが「Lost Property Office(ロスト・プロパティ・オフィス)」の予告編です。

Lost Property Office – Trailer from Liz Kearney on Vimeo.






 
 
 

2014年8月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

NIKEスニーカー×甲冑。戦国時代と現代のファッションが見事に融合した立体作品... こちらはスタイリスト三田真一、ステインアーティストの土屋秋恆、ファッションデザイナーのスズキタカユキによるユニットTENKIの作品です。ディレクションは三田真一が手がけています。こちらの作品は甲冑をイメージして作られました。 使われたのはNIKEのスニーカーであるAIR FORCE1で、これら...
柔らかい骨。かぎ針編みで表現された小動物の骨格... 「かぎ針編み」とはかぎ針と呼ばれる道具を用いる編み物で、帽子などの小物類、バッグなどを編むことができる手法の1つです。 Caitlin T. McCormack昆虫やカエル、タツノオトシゴ、架空の生き物など、小動物の骨格をかぎ針編みで表現しています。糸の集積から生まれるフォルム感や筋肉の繊維、...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
これは痺れる。スチームパンクな金魚の立体作品「Goldfish 金魚」... 松岡ミチヒロさんはスチームパンクな立体作品を制作するアーティストとしてとても有名なアーティストです。 その中でも金魚をスチームパンク的に表現した作品がとてもキュートでカッコいい!!!「金魚」と「スチームパンク」を組み合わせるなんてセンスが良過ぎる。問い合わせとなりますが、この作品は販売もされて...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
     

SNSで更新情報を配信中!!