自然と人体の関係性を表現した植物的解剖学図

イタリアのアーティストNunzio Paciはキャンバスと鉛筆、油絵の具を使って解剖学図を描いています。

普通の解剖学図ではなく、木々や鳥達などが人体の一部であるかのように描かれています。筋肉が人体の外へ伸び、枝に変化したりするなど、人と自然、動物と植物の関係に着目し描いています。


Nunzio Paci






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

動物と対話する少年。物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションの水彩作品... インドネシア、ジャカルタのアーティストElicia Edijantoの作品がBehanceにいくつか掲載されています。 動物と少年が主なモチーフとなっており、物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションがとても魅力的です。 水彩絵具で描かれています。とても詩的な世界観ですね。動物と人間の...
最高の指南書。すべてのクリエイターに推薦する「グレン・ビルプのドローイングマニュアル」... 大手アニメーションスタジオでトップアニメータを教育してきた「The Teacher」グレン・ビルプによる、人体ドローイングの入門書「グレン・ビルプのドローイングマニュアル」がとても素晴らしい内容ですので、改めてご紹介させていただきたいと思います。 人体を「球体」、「円柱」、「ボックス」など単純...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
【驚愕】アルツハイマー病になりながらも自画像を描き続けた画家の記録... イギリス・ロンドンの画家ウィリアム・ウテルモーレン(William Utermohlen)の絵画作品をご紹介します。1933年生まれのウィリアムはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を患った画家として有名で、発病から晩年の作品変遷は驚愕の内容です。 ウィリアム・ウテルモーレンは、1933...
     

SNSで更新情報を配信中!!