独創的な造形と精密な金属パーツ。高い完成度と品格をもつ美しき生き物たち

坪島悠貴さんは細やかな手作業で魚や蟬の幼虫などをモチーフとした細密な立体作品を制作しています。独特のフォルムと見た目の美しさや特に徹底して作り上げられた金属の表面部分の質感が素晴らしいです。全体的に高い完成度と世界観を見せていますね。

これらの作品は鑑賞するだけでなく可動式で、各パーツを動かすことのできます。機能的な美しさも備えているようです。

また、3月10日(火)から22日(日)まで坪島悠貴さんの個展「Transformation」が日本橋のMitsui Artで開催されますので、ご興味のある方は足を運んでみて下さい。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
手で彫ったとは思えない。台湾のアーティストChien Chu Leeの制作する細密な鉛筆彫刻... 過去に鉛筆を素材に使った彫刻作品、鉛筆彫刻を制作するアーティストは何人も紹介してきたと思います。アメリカのアーティストCindy Chinnやハンガリーのアーティストcerkahegyzoなど。 今回は台湾のアーティストChien Chu Leeの制作した鉛筆彫刻です。Chien Chu Le...
悪夢が形となったような芸術。朽ちた木からミイラが出現する立体作品... こちらはスペインのアーティストJavier Perez(ハビエル・ペレス)の作品「Trans(formaciones) II」です。朽ちた木からミイラが這い出てきたような作品になっています。木の部分はブロンズ、ミイラの部分は動物の皮を加工して紙、羊皮紙や樹脂などが使われて制作されています。 一...
【剥製】蛇をグネグネに変形して制作された芸術作品... これらはイギリスのアーティストPolly Morgan(ポリー・モーガン)(1980-)の作品シリーズで、大理石や木材を台座にして制作されています。最初に見たときはリアルに作ってあるなって感心したんですが、剥製でした。意図的に変形させられたフォルムの良さに人為的なものを感じたせいかもしれません。造形...
こんな使い方があるなんて・・・はんだ付けアートが予想以上の美しさで驚き... 「はんだ付けアートの世界」というサイトではんだを使った立体作品が掲載されています。 「はんだ」というのは、銀色の鉛とスズを主成分とした合金のことです。「はんだ付け」なら学校の授業で習うことがあり、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。金属同士を接合したり基板に固定するなどで使われて...
     

SNSで更新情報を配信中!!