プログラム変更可。1770年代に作られた文字や絵を描くことができる240歳の自動記述人形

この小さな人形はスイス生まれの時計メーカーピエール・ジャケ・ドローによって1770年代に設計された240歳の自動記述ロボットです。最古のコンピュータの一例であると考えられています。貴族を楽しませる為に作られたものだそうで、人形の内部には6000もの可動部品が備えられており、一枚の紙にテキストや絵を描くこともできます。
また書くテキストをカスタマイズすることができることも可能で、任意の組み合わせで最大40文字のテキストを書くようにプログラムすることができます。

現在も動作は確認されており、スイスのヌーシャテルのオルセー美術館、ニース歴史博物館で見ることができますよ。
















 
 
 

2015年4月7日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。 昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...
愛くるしい表情が堪らん。羊毛フェルトで作られた小さな動物たちが可愛い。ギュッとしたい... 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形は「フェルティングドール」とも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売されたりもしています。 サンクトペテルブルクに住むアーティストTatyanaが作るフェルティングドールは実によくできていて、表情の作り込み、特に目にガラスが使用さ...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
水晶とワイヤーで作られた冠「ELEMENTAL CHILD」... アーティストのGillianさんがでは水晶とワイヤーを素材としたエレガントな冠を制作しています。天然石のアメジストや石英(クォーツ)などが使用されており、ファンタジー世界の王妃がしていそうな気品溢れるクリエイティブとなっています。 簡単に髪に固定することができて、快適な着用感なのだとか。価格は...
なんて可愛い世界観!!幻想的でメルヘンチックなミニチュア作品「マーメイド ドールハウス」... こちらはアメリカのミニチュアアーティストPeter Gabel(ピーター・ガベル)が2015年に制作した「Mermaid's Dollhouse(人魚のドールハウス)」というミニチュア作品、ドールハウス作品です。 高さ約23cm、幅約18センチのこのドールハウスはバミューダ諸島のピンク色の浜辺...
     

SNSで更新情報を配信中!!