幻獣ハンターの蒐集物。妖精や異世界生物の標本がロンドンの地下室で発見される

1960年から長きにわたって放置されたロンドンの孤児院の地下室には幾つもの木箱があり、様々な驚くべき数々の標本が見つかりました。見つかったのは標本には妖精であろう羽の生えた小人や角のある胎児、背中に鰭のある人型、龍など世にも奇妙な生き物ばかり。

標本だけでなく、その生き物たちについて綴った記録や日記なども同時に見つかっており、謎めいた生体が記されているのだとか。収集したのは考古学者のThomas Merrylinでこれらを標本はトーマス・セオドア・メリーリンThe Merrylin Cryptid Collection(メリーリン・クリプト・コレクション)に所蔵されています。


MERRYLIN CRYPTID MUSEUM






本当にこんな生き物が存在してたなんて、本当に驚きですね。世紀の大発見で・・・・と言いたいところですが、実は、これすべて作り物です。

上記はすべてこれらの作品のための設定であり、ロンドンのイラストレーター、作家、彫刻家でもあるアーティストALEX CFが制作した作品なのでした。メイキング動画もありますので、合わせてご覧ください。

日本では江本創もかなりリアルな未確認生物、幻獣などの標本制作をしていますね。






以下が、これらを収集した考古学者のThomas Merrylinの写真です。(設定です)

すべての画像を見る

以下が動画となっています。






 
 
 

2016年5月19日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

幻想的世界。魚や生物を特殊な薬品によって透明化した冨田伊織のサイエンスアート... 冨田伊織さんの透明標本をご紹介します。冨田のこれらの作品は特殊な薬品を魚や様々な生き物に付けることで筋肉を透明化し、軟骨を青く、硬骨を赤く染色することができています。 元々、小型の動物など骨格要素を観察するために観察された技法です。淡く色付いた細い骨はまるで鉱物のような美しさを放っています。2...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
溢れる生命感。海洋生物の標本アートを制作する芸術家Steffen Damの作品... デンマークの芸術家Steffen Damは、子どもの頃に祖父母の昆虫や科学的な書籍のコレクションに触れることがとても大好きだったようで、現在制作される多くの作品もその影響下にあるようです。 クラゲや海洋生物の標本をアートとして制作しており、そのガラスで制作された標本の中には気泡も一緒に閉じ込め...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
     

SNSで更新情報を配信中!!