幻想的な奇獣と美しい女性たちを描くイラストレーターのErin Kelsoのファンタスティックな作品

thum

アメリカのErin Kelso(エリン・ケルソ)さんは進化生物学と動物学の博士課程を修了している変わった経歴の持ち主のアーティスト、イラストレーターです。

作品はドラゴンやペガサス、妖精、ユニコーン、人魚などこの世に存在しない動物、幻想的なモチーフと美しく幼い少女や大人の女性がモデルとなっています。作品は全てデジタルで描かれていますが、最初の段階ではペンで紙に描画し、その描いたドローイングをスキャンし、その後Photoshopで描くという工程を経ています。

画風は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金時代である「挿絵の黄金時代」の影響を強く感じさせ、特に、イギリスの挿絵画家アーサー・ラッカム(Arthur Rackham)やEdmund Dulac(エドマンド・デュラック)、Gustaf Tenggren(グスタフ・テングレン)などに強く影響を受けているのではないかと思われます。

こんな絵の表紙が書店にあったら、絶対手にとってみたくなるのではないでしょうか。Erin Kelso(エリン・ケルソ)さんの多くの作品はdeviantartで見ることができます。以下。

http://bluefooted.deviantart.com/
















【次ページ】

続きを見る: 1 2





ADBの最新情報をお届けします。


アルチンボルドの代表作・四季シリーズが日本初展示。国立西洋美術館で6月から開催!!【約300点が展示】真髄に迫る!!時代劇画の第1人者、漫画家・平田弘史の展覧会が開催中 【要チェック】こちらもオススメ!!