ウールやシルクから作られるアンティーク調な骨格標本


アメリカ、シカゴのテキスタイルアーティストLana Crooks(ラナ・クルックス)さんはウールやシルクなどを主な材料として人体、動物の骨格をモチーフにしたアート作品を制作しています。

骨は、本来硬い物質でありますが、それを布繊維であるウール、シルクで表現するのは、かなり難しいのではないでしょうか。Lana Crooksさんの作品は繊維として柔らかさを感じさせつつも、骨の質感や材質感、硬さなどを上手く表現しています。

ウールやシルク以外では装飾的に真鍮やビーズなどが使われています。際の色彩は、着色して出しているようです。焦げて、乾いたような質感ですね。

http://lanacrooks.com/






lanacrooks-snakeoil

Lanacrooks_Ouro2

lana-crooks-11

momento






lana-crooks-01

lana-crooks-10-1

Lana-Crooks-twins-dome-2016






【次ページ】

続きを見る: 1 2
1 / 2





ADBの最新情報をお届けします。


【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー 奇想の系譜」【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー 奇想の系譜」【要チェック】こちらもオススメ!!