原画約200点を展示。漫画「日出処の天子」などで知られる山岸凉子の展覧会が京都で開催


漫画家山岸凉子(やまぎし りょうこ)さんの展覧会「山岸凉子展『光 -てらす-』 ―メタモルフォーゼの世界―」が2017年5月27日(土)~9月3日(日)の期間に京都国際マンガミュージアムで開催されます。

山岸凉子さんは1969年にデビューした漫画家で、「アラベスク」や「日出処の天子」などの漫画作品で知られています。現在も講談社のマンガ雑誌「モーニング」で、百年戦争を題材としたジャンヌ・ダルクを主人公にした「レベレーション(啓示)」を連載しています。

この展覧会は、山岸凉子さんの画業をたどる本格的な展覧会で、初展示を含む原画約200点を一挙公開されます。前期、中期、後期と期間が分けれており、展示作品が一部異なりますのでご注意ください。

また、本展は昨年、東京の弥生美術館で開催された展覧会の巡回展となっていますが、弥生美術館で展示されなかった「日出処の天子」の新規出展原画30点以上が公開される予定です。

山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-






展覧会チラシ

5136d315552abde7fe3d7c1f0a8e45dd

「アラベスク」(『りぼん』1971年12月号) 扉 展示期間/前期、後期

「妖精王」(『花とゆめ』1977年13号) 扉 展示期間/前期、後期

「テレプシコーラ ―舞姫―」(『ダ・ヴィンチ』2005年4月号) 扉 展示期間/前期、後期








場所:京都国際マンガミュージアム
日程:2017年5月27日(土)~9月3日(日)

前期:5月27日(土)~6月27日(火)
中期:6月29日(木)~8月1日(火)
後期:8月3日(木)~9月3日(日)

休館日:毎週水曜 
営業時間:午前10時~午後6時(最終入場は午後5時30分)
入場:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
住所:〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校)
電話番号:075-254-7414
WEBサイト:https://www.kyotomm.jp/

山岸凉子画集:光

日出処の天子 全7巻完結(文庫版)(白泉社文庫) [マーケットプレイス コミックセット]

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。


子供の頃見た悪夢や恐怖。付箋に描かれた不気味なモンスター達「Sticky Monsters」子供の頃見た悪夢や恐怖。付箋に描かれた不気味なモンスター達「Sticky Monsters」【要チェック】こちらもオススメ!!