車の汚れを利用してリアルな絵を描くロシアのアーティスト「DirtyCarArt」


ロシアのイラストレーターNikita Golubevさんは車やトラックに着いた汚れをキャンバスや紙に見立て、下地にして様々な絵を、車やトラックに描いています。

トラックの荷台に大きなワニを描いたり、BMWにサメを描いたり、中にはドイツのルネサンス期の画家アルブレヒト・デューラーの「祈りの手」を模写した作品もあります。

遠景から撮影されていることもあり、かなりリアルに描かれているように見えます。これらの作品はFacebookやInstagramで公開されていますので、ぜひご覧ください。

Facebook














1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。


【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー 奇想の系譜」【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー 奇想の系譜」【要チェック】こちらもオススメ!!