手描きで蘇る往年のスターたち。映画看板絵師・大下武夫の展覧会が常陽藝文センターで開催


水戸市内の映画館の看板を多く手掛けてきた映画看板絵師・大下武夫(1942年生まれ)さんの展覧会『「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より』が水戸市備前町にある常陽藝文センターで5月30日(火)~7月16日(日)の期間で開催されています。

映画看板絵師とは劇場公開される映画館の看板を専門に描く絵師のことで、大下武夫さんは水戸市内にある映画館の看板を約60年描き続けてきました。

この展覧会では、オードリー・ヘップバーン、アラン・ドロンなど往年の映画スターを描いた作品が展示されます。

展示作品は、描きためていたオードリー・ヘプバーンやアラン・ドロンなど往年の映画スターを中心に、新たにグレゴリー・ペックやシルヴェスター・スタローンなど4点を描き下ろした。さらに映画看板は通常、作品が変わるごとに新作を上描きしていくので保存していないのだが、大下さんのお気に入りで作業場に保管しておいた菅原文太主演『わたしのグランパ』(2003)と『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)を展示予定だという
シネマトゥデイ


企画展「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より





 
展覧会チラシ

 映画「マイフェアレディー」のオードリー・ヘップバーン
 映画「マイフェアレディー」のオードリー・ヘップバーン

石原裕次郎
石原裕次郎




オードリー・ヘップバーン
オードリー・ヘップバーン

シルヴェスター・スタローン
シルヴェスター・スタローン

グレゴリー・ペック
グレゴリー・ペック

展覧会名:「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より
場所:常陽藝文センター
スケジュール:5月30日(火)~7月16日(日)
休館日:月曜日
営業時間:午前10時から午後5時45分まで
入場:無料
住所:〒310-0024 水戸市備前町6-71
電話番号:029(228)1781
WEBサイト:http://www.joyogeibun.or.jp/index.html





 

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。



次元が違いすぎる。超現実的な錯覚を作り出すメイクアップ・アーティストのMIMI CHOI次元が違いすぎる。超現実的な錯覚を作り出すメイクアップ・アーティストのMIMI CHOI【要チェック】こちらもオススメ!!