Search Results for: 挿絵

圧倒的画力。挿絵や絵本を手掛けるロシアの人気イラストレーターVladislav erkoの緻密でファンタジックな仕事

こちらはウクライナの人気イラストレーター、Vladislav erko(ウラジスラフ・エルコ)さんのイラストレーションです。緻密に描き込まれた密度と緊張感のある画面ですね。繊細に描かれてはいますがとても力強い作品の数々です。色彩も豊かで幻想的でファンタジックな雰囲気がとても魅力的です。モノクロームで描かれた「不思議の国のアリス」の絵本も描いています。他に多くの絵本や書籍の挿絵、デザインなどを手掛けていますよ。

挿絵に描かれる風景のよう。グリム童話をテーマにした写真シリーズ「BROTHERS GRIMM’S WANDERINGS」

ドイツのフォトグラファーKilian Schönbergerさんの「BROTHERS GRIMM’S WANDERINGS」はグリム童話に影響された写真シリーズです。「ヘンゼルとグレーテル」や「眠れる森の美女」「ラプンツェル」、「白雪姫」や「赤ずきん」などドイツのメルヘンに登場する深い森やお城などを想起させる風景を撮影しています。

「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズなどで知られる挿絵画家・依光隆の作品約250点が1/19から展示

挿絵画家・依光隆(よりみつたかし)さんの挿絵やイラストの展覧会が神田神保町の文房堂ギャラリーで2015年1月19日(月)~1月31日(土)の期間に開催されます。2012年に急性肺炎のため死去され、ライフワークと言えるSF小説「宇宙英雄ローダン・シリーズ」翻訳版367巻までの表紙や挿絵を手掛けたことで有名ですね。この「宇宙英雄ローダン・シリーズ」シリーズをはじめとした、約250点の原画とその書籍・雑誌などが展示されます。

山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!

当サイトでも何度か紹介しているイラストレーター山本タカトさんのポストカードが11月上旬発売予定です。春陽堂より刊行された「草迷宮」(1909)のために描き下ろした絵柄から6種など計8枚のポストカードセットです。editions treville online shop〈エディシオン・トレヴィル・オンラインショップ〉で販売中です。ご興味のある方は是非!

メルヘン・ファンタジーな世界観。可憐な妖精達を描いたオーストラリアの挿絵画家の作品が素敵

挿絵画家Ida Rentoul Outhwaite(イダ・レントール・アウスウェイト)(1988-1960)さんの作品をご紹介します。生涯に妖精が登場する書籍の挿絵を多くの手掛けました。可憐で幼い妖精達が幻想的な美しさを放っています。イギリスイラストレーター、Aubrey Vincent Beardsley(オーブリー・ビアズリー)の作品に影響を受けたそうですよ。カエルやキノコ、カタツムリにトンボなども登場しメルヘンチックでファンタジーな世界観を見ることができます。

「心は画人ではなく武人」鬼気迫る挿絵。剣豪の末裔、画家・伊藤彦造の仕事

伊藤一刀斉の末裔、画家・伊藤彦造(1904〜2004)さんの作品をご紹介します。伊藤一刀斉は戦国時代から江戸初期にかけての剣客です。伊藤彦造さんは幼少の頃真剣をもって剣の修行を行い、剣の師範でもありました。少年雑誌草創期の「少年倶楽部」や大衆雑誌「キング」などで挿絵を掲載していました。その画風から「剣描一致」と言われるほど鬼気迫る躍動感があり、鋭いペン画は伊藤彦造さんの強い精神力を物語っています。現在、弥生美術館で「生誕110年降臨!神業絵師 伊藤彦造という男 ペン一本で極めた挿絵道」という展覧会が2014年3月30日(日)まで開催されています。

Top