まるで脱皮!?「皮膚」をデジタルで表現した作品

Taylor Jamesさんのデジタル作品をご紹介します。実際はゴムを使い皮膚的な表情を出しそれを合成しているようです。これらの手法はTaylor Jamesさんの制作した広告などで使用されています。ホラー映画のようですが妙に爽やかな雰囲気がとても好ましいですね。

世界を驚かせた超絶絵師。John Hathwayが描く凄い遠近感のイラストレーション

John Hathway氏のデジタル作品をご紹介します。JohnHathwayは東京大学大学院博士課程からフリーのクリエイターに転身するという異例の経歴を持ち、2012年にはpixivで投票1位を獲得するなど日本を代表する絵師と高く評価されています。「科学とマンガとアート」ぜひ拡大してご覧下さい!

目から鱗!?任天堂のファミコンゲームを3Dにしたらワクワク感がハンパない

Justin Buonvinoのデジタル作品をご紹介します。スーパーマリオブラザーズやゼルダ、ロックマンなど昔懐かしの2Dゲーム。もしそれが3Dになったらどうなるか?を実際に表現しています。なんかグっとくるビジュアルが堪りません。無駄にリアルな方向に行かないでただ昔の2Dを立体的にするだけでこれだけ世界観が変わるのですから眼から鱗ですね。

これは鳥肌・・・3D化されたフラクタルアートがとんでもなく美しい

この作品は3DフラクタルアーティストTom Beddardによって作られました。フラクタルアート言えば幾何学的な模様や図形が繰り返される複雑な絵や画像ですが、こちらの作品は超立体的なフラクタルアートになっています。まるで宝石のような美しい作品です。このゾワゾワ感!!堪りません!!ではご覧下さい!!

クリチャー過ぎて引くレベル!?ポケモンを超リアルに描いたイラストレーション「Realistic Pokemon」

海外のサイトDeviantartにリアルなポケモンを描いた「Realistic Pokemon」というイラストが投稿されていたのでご紹介します。まるで恐竜みたいですね。ミュウツーやフシギバナなどかなりリアルに描かれていますね。ちょっと怖いくらいです(笑)

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る