デジタルアート

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

奇妙な非現実感。独特の雰囲気を持つ少年少女達を捉えたロレッタ・ラックスの肖像写真... ん?絵なの?写真なの?と首を傾げたくなるこの作品は、ドイツ・ドレスデン生まれで現在アイルランドを拠点に活動するlorrera lux(ロレッタ・ラックス)(1969-)の作品です。 ジャンル的には「写真」に分類され、撮影した少年少女を切り抜き別で撮影した風景や描いたものをデジタル処理により合成...
これは驚き!!エクセルで絵画制作する堀内辰男の職人技... 「パソコン画」というジャンルが存在することをご存知でしょうか?堀内辰男さんはエクセルで絵画を作るという驚きの手法で絵画作品を制作しています。 堀内辰男さんは定年退職を目前に「新しいことがしたい」とパソコンを購入。2000年頃からエクセルで「パソコン画」を描き始めました。 定年で趣味を増やす方...
4歳の時に描いた絵をアーティストになった自分がもう一度描いたらどうなるか・・・... オランダのストリートアーティストTelmo Pieperは4歳の時に描いた自分の絵をPCで再度描き直しました。 作家はアーティストというよりも研究者のような制作をされている印象があり、また4歳の子供の視点で見た時の「生き物の形」と25歳という年齢で描いた「リアルさ」が相まっていて、本物同様の毛...
ジャングルに佇む少年少女たち。デジタル処理によって生み出された奇妙な現実感のある作品... オランダの写真家Ruud van Empel(ルード・ファン・エンペル)のフォトコラージュをご紹介します。 これらの写真に登場する子ども達は実際に撮影された子ども達ではなく、様々な人物などの素材を組み合わせ、フォトショップの加工によって生み出された子ども達です。背景も同様で画面からは写真のよう...
これは斬新。頭部だけすっぽり消えてなくなってしまった不思議な写真作品... イタリアのアーティストFrancesco Brunottiの「Where’s Your Head At」というシリーズの写真作品をご紹介します。 これらの写真は、撮影された人物からPhotoshopでの画像加工、レタッチによって頭部だけを消し去った画像群です。頭部がないととかなりホラーテイスト...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...

目から鱗!?任天堂のファミコンゲームを3Dにしたらワクワク感がハンパない

Justin Buonvinoのデジタル作品をご紹介します。スーパーマリオブラザーズやゼルダ、ロックマンなど昔懐かしの2Dゲーム。もしそれが3Dになったらどうなるか?を実際に表現しています。なんかグっとくるビジュアルが堪りません。無駄にリアルな方向に行かないでただ昔の2Dを立体的にするだけでこれだけ世界観が変わるのですから眼から鱗ですね。

続きを読む

これは鳥肌・・・3D化されたフラクタルアートがとんでもなく美しい

この作品は3DフラクタルアーティストTom Beddardによって作られました。フラクタルアート言えば幾何学的な模様や図形が繰り返される複雑な絵や画像ですが、こちらの作品は超立体的なフラクタルアートになっています。まるで宝石のような美しい作品です。このゾワゾワ感!!堪りません!!ではご覧下さい!!

続きを読む