コラージュ

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

アリス不在のワンダーランド。幻想的で摩訶不思議なコラージュ世界... コラージュアーティスト、アートディレクターのqta3のコラージュ作品が素敵です。 「アリス不在のワンダーランド」がテーマとなっており、その多くのコラージュ作品がinstagramに投稿されていて、とてもファンタジックで摩訶不思議な世界を見せています。 素材は雑誌などから使われており、デジ...
今見ても斬新。デイヴィッド・ホックニーのフォトコラージュ作品「Joiners」... 今回は、イギリス人アーティスト、David Hockney(デイヴィッド・ホックニー)の作品をご紹介します。 現在はアメリカ、ロサンゼルスを拠点に、80歳を超えた今もなお、精力的に作品を生み出し続けているHockney。60年代にイギリスで起きたPOPアートムーブメントにも大きな影響を与え、イギリ...
浮かぶ架空の建築物。広大な風景の中に佇む非現実的な空想世界... ドイツのシュワイクハイム在住のグラフィックアーティストMatthias Jung(マティアス・ユング)はデジタルコラージュによって高原や山岳などといった風景の中の浮かぶ建造物を作り出しています。 広大な風景の中にポツンと象徴的に存在し、映画の中のワンシーンのような、何かの物語の展開を感じさせて...
お尻!お尻!お尻!父親の死後、発見された数多くの「尻画」に家族が仰天。「青木昌三作品集」が絶賛発売中... 「わたしのいない高校」などで知られる小説家・青木淳悟さんの父である青木昌三氏(享年70歳)の絵画作品集「青木昌三作品集」がBOOTHから発売されています。 2015年2月に亡くなった青木淳悟さんの父・青木昌三氏は元々、画家ではなく、作品集に掲載されているのは、死後、青木昌三氏の隠れ部屋から...
海外にもコレクターが多く注目を集める城田圭介の展覧会が茅ヶ崎市美術館で開催... 写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」が茅ヶ崎市美術館で2019年12月14日(土)〜2020年2月11日(火・祝)の期間...
【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...

ポストカードを貼付けて有名人のポートレイトをインスタレーションする作品

マレーシアのアーティストAmir Zainorinの作品をご紹介。これらの作品はポストカードなど使って作られたインスタレーションコラージュです。(そんなジャンルやカテゴリーがあるかどうかわかりませんが)ジョージ·ワシントンやエリザベス女王、毛沢東といった有名人の肖像画をポストカードをコラージュして作っています。1つ1つを壁にピンで留めてあり、ドローイング作品のようにも見えまね。

続きを読む

拡張し変容するイメージ。レコードジャケットを重ね合わせ独自のビジュアルを作り出した芸術作品

現代アーティスト、Christian Marclay(クリスチャン・マークレー)さんの作品です。Christian Marclayさんと言えば、映画の中から時計の時間が表示されているシーンだけをつなぎ合わせる24時間の映像作品「The Clock」や音楽関連の作品が多く、自らをレコードプレイヤーと名乗り、ターンテーブルのパイオニアで現代音楽家としての顔もありますね。

続きを読む