建築

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【1900年前後】アメリカで催されたサーカスのピエロや曲芸師たちを捉えたレトロな写真「Circus」... アメリカの写真家Frederick Glasier(1866-1950)は1890〜1925年までの間、アメリカで催されたサーカスの団員やその光景を捉えています。 「リングリング・ブラザーズ」、「バーナム」、「ベイリー・サーカス」などの公式カメラマンを務めており、ピエロなどの道化師や曲芸師、サ...
まさに宇宙。教会の天井に描かれた宗教画を堪能できる写真シリーズ「Churches of Rome」... フランスの建築家、フォトグラファーFlorian Paganoはローマの多くの教会を新婚旅行で訪れ、その教会の天井に描かれた宗教画を撮影しました。 絵画と建築の融合とでも言うのでしょうか、どこまでが建築物の一部でどこまで描かれているのか曖昧に感じるほどあまりに荘厳。まさにずっと見ていたくなる作...
女流騎士の勇壮な姿。青森県十和田市で開催された「桜流鏑馬(さくらやぶさめ)」の光景... 「流鏑馬(やぶさめ)」とは走る馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、平安時代末期から鎌倉時代にかけて武士の間で行われていた日本の伝統的な稽古や儀式のことですね。 青森県八戸市にある櫛引八幡宮の流鏑馬神事、茨城県笠間市の笠間稲荷神社、三重県桑名市の多度大社、東京では新宿区の穴八幡宮など神事として全国各...
マクロ撮影で捉えた食虫植物・モウセンゴケの美しい姿... モウセンゴケは食虫植物の一種で被子植物門のモウセンゴケ科に属する植物です。葉の一面にある粘毛の先端から甘い香りのする粘液を分泌して虫を捕獲しています。一度捕まると粘着液­が取れず逃げることができないそうで、日本にも数種類が分布しているようです。 そのモウセンゴケの姿をフォトグラファーJoni ...
素敵!カナダの美しい大自然に鉄道模型を走らせてみた!「THE CANADIAN」... Jeff Friesenの写真シリーズ「THE CANADIAN」をご紹介します。 こちらはカナダの森や海、湖などに模型の列車とレールを配置し、さもそこを列車が走っているかのように撮影された写真シリーズです。溶け込み過ぎて違和感がないですね。とてもロマン溢れる写真作品です。 自分がミニチ...
強烈な個性。ファッショナブルな東京の若者を紹介した写真シリーズ「Tokyo Adorned」... こちらはアメリカの映画監督Thomas cardの「Tokyo Adorned」という写真シリーズで東京の若者の個性的なファッションに注目したものです。 同じ日本人が見てもかなり驚きのファッションですね。スチームパンクやアニメや漫画、サブカルから強く影響を受けたファッションやカラフルでサイケ、...

アメリカの新聞王が建てた城の中にあるローマ式プールが驚愕の美しさ

アメリカの城Hearst Castle(ハースト城)をご紹介します。この城はアメリカの新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストの豪邸のひとつです。その城の中に古代ローマの浴場を模した屋内温水プールがあります。プールは天井までモザイクタイル張りされており、一部には金が使われています。女神や英雄の像が8つあります。
プール以外にも城の中には図書室、映画室、遊戯室、美容室、食堂などがあります。すべてヨーロッパで集めた絵画やアンティークの調度品で飾り立てられています。このウィリアム・ランドルフ・ハーストは「市民ケーン」のモデルとしても有名ですね。この贅沢を極めたハースト城は現在、州が所有し、歴史的建造物として一般公開されています。

続きを読む

ノルウェーにある900年以上も前に作られた木造建築・ボルグンド教会

ノルウェーにボルグンド教会(Borgund Stave Church)をご紹介します。この教会は支柱と梁でできた中世の教会です。壁の枠は丈夫な厚板で満たされています。1100年代後半に建設されました。当時はキリスト教と土着の宗教が入り混じった時代で、このようなノルウェー独特のスタイルの教会になったそうです。鱗状の瓦や天に昇ろうとする龍の飾りが特徴的ですね。今でも日曜礼拝は行われているようです。ではご覧下さい!

続きを読む

【9選】結局、採用されなかった世界のランドマーク没デザイン集

結局、採用されずに没となった世界のランドマークのデザインをご紹介します。これになる可能性もあったかも?と思えるようなものから、絶対ありえないものまで見ていて興味深いものばかりです。それぞれの没デザインの最下部には実際建設された建築物の画像がありますので見比べると面白いかもしれませんね。

続きを読む