10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催

10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔さんの個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制作期間2年をようした120号(194.0×112.0cm)の大作です。生で見てみたい作品ですね。この「狂瀾怒濤(It rages. )」を含む120号の大作3つを中心とした展覧会となっています。

遺伝子が覚醒した大男に隠された真実とは・・・ホラー・サスペンス映画「ウェア -破滅-」が12月6日(金)まで!!【監督インタビュー付】

12月6日(金)まで公開されている「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作陣が新たに贈る、最新作の映画「ウェア -破滅-」のご紹介。この映画、ヒューマントラストシネマ渋谷による人気企画「未体験ゾーンの映画たち」の特別版、「遺伝子震撼!!映画まつり」で上映される3作目の最後の映画となっています。THE 4TH KIND フォース・カインド」で話題になったオラトゥンデ・オスンサンミ監督の「エビデンス -全滅-」、アンドリュー・トラウキ監督の「ジャングル -不滅-」、そして最後の「ウェア -破滅-」です。「全滅」、「不滅」と続くサブタイの最後の「破滅」は一体どんな内容になっているのでしょうか。

見逃している人必見!国内最大級の国際芸術祭・あいちトリエンナーレ2013が残り1週間で閉幕+注目アーティスト7人

8/10より開催された122組ものアーティストが参加する、国内最大級の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」が10/27(日)まで開催されています。残りあとわずか!!3年に1度のトリエンナーレですからこの機会に是非。

ということで、行きそびれている方用に「あいちトリエンナーレ2013」に参加しているおすすめのアーティストを紹介したいと思います。

「正統派の日本美術の復権を目指して」様式美と装飾美を追求した絵画作品

画家の栗原永輔氏の絵画作品をご紹介します。岩絵の具、天然の土、または胡粉や白土に染料を染め付けた微粒子の日本画絵具である水干(すいひ)絵具や岩絵の具、顔料、アクリルガッシュにポスターカラーなどの画材を使い絵画作品を制作しています。龍や百合、椿など日本の花鳥風月を思わせる情緒あるモチーフを描いています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る