金属製の虫たち。江戸時代の技を現代に甦らせる満田晴穂の精密な手仕事

満田晴穂(みつたはるお)さんの立体作品「自在置物」ご紹介します。「自在置物」とは金属で昆虫や爬虫類などを実寸で制作したもので江戸時代から伝わるもので手足が動くように作られています。詳しくはオフィシャルサイトの説明をご覧下さい。以下。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る