現代抽象絵画の創始者。音楽に触発されたカンディンスキーのリズミカルな絵画世界

Wassily Kandinsky(ワシリー・カンディンスキー)はご存知の方も多いはずです。日本でも東京国立近代美術館、京都国立近代美術館など回顧展が開催され現代抽象絵画の創設者として、絵画史上特筆される存在ですね。
カンディンスキーはワーグナーの音楽に深く傾倒していたそうで、これらの抽象絵画の源は音楽だと言われています。

荘厳な存在感。肉塊が描かれたグロテスクで生々しい絵画作品

ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストVictoria Reynoldsの絵画をご紹介。一体どこの部分を描いているのでしょうか?生々しい描写がグロテスクでちょっと気持ち悪いですが、ゴテゴテとしたバロック様式のフレームとの相性がとても素晴らしいです。テキサス州の出身で、現在カリフォルニア州のサンタモニカに拠点を置き活動しています。ではご覧下さい!!

退廃的スチームパンク。終末的世界を描くポーランドのアーティストDariusz Zawadzkiの絵画作品

ポーランドのアーティストDariusz Zawadzkiの絵画作品をご紹介します。日本ではほとんど紹介されていないので知っている方もあまりいないかもしれません。ベクシンスキーH・R・ギーガーなどと作風が似通っているせいかもしれません。この手の作風が好きな方はおすすめのアーティストです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る