版画

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【展覧会】遊び絵の世界を堪能!!遊び心あふれる浮世絵111点が集結!!... 2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)に期間に神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市美術館(展示室1・2・3)で展覧会「江戸の遊び絵づくし」が開催されます。 町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々...
世界的銅版画家・中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示。O美術館企画展を10月18日(金)から開... 公益財団法人品川文化振興事業団(所在地:東京都品川区、理事長:中川原史恵)は、「O(オー)美術館」(東京都品川区、館長:鳥山玲)において、10月18日(金)から期間限定で世界的銅版画家 中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示する「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」を開催いたします。 
 中林忠...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
263点を展示。画業の全貌を紹介した展覧会「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」... 練馬区美術館で2018年8月5日(日)~9月24日(月・休)の期間に幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が開催されます。 本展は、西井正氣氏がコレクションする選りすぐりの作品263点が展示され、月岡芳年の画業の全貌を紹介した展覧会と...
デヴィッド・リンチの版画展が渋谷ヒカリエで1/18から開催。新作の版画を展示... 「デヴィッド・リンチ版画展」が渋谷ヒカリエにある8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで、2018年1月18日(木)〜2月12日(月)の期間で開催されます。 「イレイザーヘッド」や「ロスト・ハイウェイ」、「マルホランド・ドライブ」など数々の名作を世に送り出して...

イメージが崩壊し再構築されいく・・・ダリが描いた「ドン・キホーテ」が衝撃的

シュルレアリスムの代表的な芸術家サルバドール・ダリはスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」をモチーフにした作品を多く残しています。ダリの持つインパクトあるビジュアルと物語が複雑に絡み合っています。「ドン・キホーテ」ってこんなのだっけ?と感じてしまいますがなぜかしっくりくる不思議な感じがありますね。1946年には作品が掲載されている本も出版されています。

続きを読む