期待に胸が高鳴る。ナチスドイツの禁断の人体実験を描いた「武器人間」の予告編が公開!!

「武器人間」の予告編が公開されました!ナチスドイツが禁断の人体実験を行っていたという設定で描かれる、アクションホラー「武器人間」ですが、なんと予告編のナレーションは「ドラえもん」の大山のぶ代さんです。なんとうギャップ(笑)道具のように紹介される予告動画に凄まじいセンスを感じますね。この「武器人間」、11/2から全国ロードショウです。

事故!?フィアット(車)を厚さ12cmのペシャンコ状態にした芸術作品

イスラエルのデザイナーRon Aradさんの作品をご紹介します。潰された車は6台のフィアットで、結果12センチの厚さの金属になったそうです。面白いことを考えましたね。スクラップ工場とかに行ったらありそうな感じもしますが、まあ車をそのまんま潰すことはないでしょうが・・・。車を丸ごと使った作品ならこれもおススメです→→→「一体どうやって作ったんだ??自動車を丸めた立体作品が面白い!」

どこか叙情的な雰囲気が印象的。斧や金槌の柄部分を彫刻して作られた立体作品

Park Ju-Hyunさんの彫刻作品をご紹介します。以前にも似た作品をご紹介しましたね。木製部分に細やかな彫刻を施した作品です。こちら→発想と造形力が素晴らしい。木製の家具や道具に骨格を彫刻した立体作品
今回ご紹介する作品は素材を斧に限定し、しかも人物を彫ることでその特徴を得ています。

パクリ?それとも偶然の一致?すごく似ている現代アート比較画像

て思うことはよくあります。その最たる例を画像で比較していましたのでご紹介します。確かにすごくよく似ています。現代アートですと引用する場合が多々ありますが、こちらの比較画像ではその類いのものではないでしょう。

寂寥感漂う世界。アメリカの国民的画家・アンドリュー・ワイエスの写実主義絵画

Andrew Wyeth(アンドリュー・ワイエス)さんの絵画作品をご紹介します。美術の教科書にも掲載でれておりますのでご存知の方も多いはずです。彼はテンペラという卵を定着剤として使う技法で描かれています。写実的な描写観は挿絵画家でもある父の影響で、描かれた風景は自宅のあるペンシルベニア州フィラデルフィア郊外や別荘のあるメーン州クッシングがほとんだそうです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る