【薬物】LSDにコカイン、ヒロポンなどのドラッグ顕微鏡写真シリーズ「All you can feel」

こちらはドイツ人アーティストSarah Schoenfeldさんの「All you can feel」という写真シリーズです。とても興味深い形をしていますね。これらの写真シリーズは薬物の他にカフェインやドーパミンなどもあります。それぞれが特徴的な形態をしています。

2人で1つの作品を制作する独自のスタイル。双子画家・三尾あすか&あづちの絵画世界

1985年生まれ一卵性双生児の姉妹、三尾あすかさんと三尾あづちさんの作品をご紹介します。三尾あすかさんと三尾あづちさんは元々違う作品を別々に作っていたそうですが、2009年頃から一緒に1つの作品を描くことになったようです。とても制作方法がユニークで1つの作品を制作するにあったて最初は話し合いお互いのイメージを共有して1日ずつ交代して進めるそうです。面白いですね。

なんと672連発!!大人向け木製ガトリング式ゴム鉄砲を製品化するプロジェクトが公開。

クリエイティブなプロジェクトの資金調達を行う海外のサイト、キックスターター(KickStarter)では現在「Rubber Band Machine Gun(ラバーバンドマシンガン)」というプロジェクトが立ち上がっています。このプロジェクトでは木製の672連発ガトリング式ゴム銃の製品化を実現する為に5000ドルの目標を掲げています。制作したのはウクライナ人デザイナーAlex Shpetniyさんです。5、10連発ぐらいのゴム銃なら聞いたことがありますが、なんと672連発ですから驚きです。目標達成となるか?注目のプロジェクトですね。

遺伝子が覚醒した大男に隠された真実とは・・・ホラー・サスペンス映画「ウェア -破滅-」が12月6日(金)まで!!【監督インタビュー付】

12月6日(金)まで公開されている「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作陣が新たに贈る、最新作の映画「ウェア -破滅-」のご紹介。この映画、ヒューマントラストシネマ渋谷による人気企画「未体験ゾーンの映画たち」の特別版、「遺伝子震撼!!映画まつり」で上映される3作目の最後の映画となっています。THE 4TH KIND フォース・カインド」で話題になったオラトゥンデ・オスンサンミ監督の「エビデンス -全滅-」、アンドリュー・トラウキ監督の「ジャングル -不滅-」、そして最後の「ウェア -破滅-」です。「全滅」、「不滅」と続くサブタイの最後の「破滅」は一体どんな内容になっているのでしょうか。

【全文書き起こし】戦い続ける芸術家・草間彌生の平和へのメッセージ

NYのDavid Zwirnerギャラリーで12/21まで草間彌生さんの大規模な展覧会「I Who Have Arrived In Heaven(天国に着いた私)」が開かれています。
草間さん精神病院から一時的に退院し,この展覧会に訪れメッセージを残しています。

この展覧会名からもわかるようにメッセージでも、自分が死期を感じていることを語っています。何を思い制作しているのか、晩年の境地とも言うべき今年84歳の芸術家・草間彌生さんの言葉で聞くことで創作の姿勢、または軌跡を垣間見ることができます。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る