官能的でフェティッシュ。食器の底に口が付いたら超不気味・・・

イスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品をご紹介します。皿やコップの底にリアルな口が造形されています。食べる為の道具である食器に口を付けるなんて・・・唇や舌のヌルっとした質感が上手く再現されています。

オブジェ作品ですので実際にこれで食事をすることはないのでしょうが、食べ終わった後にこの食器を見たら・・・想像するだけでちょっと気持ち悪いですね。

Ronit Baranga, Clay Sculpture – רונית ברנגה, פיסול בחומר












 
 
 
2013年4月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。 相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
「焼き物」という概念を軽く越えてくる斬新過ぎる桝本佳子の陶芸作品... こちらは、日本人陶芸家、桝本佳子さんの作品です。今回は、陶芸家・・・という枠から気持ちよく突き抜けている桝本さんの作品群をご紹介しますね。 兵庫県に生まれた桝本さんは、京都市立芸術大学大学院在学中から、日本や韓国でグループ展を開催するなど、早くからその才能は高い評価を得ていました。 卒業後は...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
ムカデ人間!?人体のパーツが重なりあう不気味な陶芸作品... イタリア、ミラノのアーティストAlessandro Boezioさんの作品です。手や足の指や下半身を複数組み合わせた芸術的な陶芸作品を制作しています。 重なり、連なる下半身や手のひらはムカデなどの節足動物を想起させ、とても不気味に感じさせます。話題となったム・シックス監督のホラー映画「ムカデ人...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
     

SNSで更新情報を配信中!!