ビジュアル効果が凄い。異常な存在感を放つハンガーで作られた彫刻作品

こちらはスコットランド出身でロンドンを拠点に活動するアーティストDavid Mach(デイビット・マック)(1956-)の制作した彫刻作品です。これらの作品群はすべてハンガーで作られています。ちょっと怖いくらいの異様なパワーを持っている作品ですね。作品の放つ熱量が凄く画像を見ているだけでも圧倒されてしまいます。

David Machはこれらの作品の他にトランプやマッチ棒を素材に使った彫刻作品や、コラージュなどを制作しています。彼の作品は、スコットランド国立美術館、ロンドンのナショナルポートレートギャラリー、そしてハミルトンのマクマスター美術館などにコレクションされています。
















 
 
 

2013年4月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...
本物にしか見えない。すべて木で作られた彫刻作品... こちらはアメリカの彫刻家Tom Eckertの作品です。これらの作品群は木で作られています。本当に驚きですね。まるで浮いているようにモチーフが組み合わさっており作品の周りが不思議な空間になっています。 木を彫り、彩色は、スプレーガンとエアーブラシの両方を使用し水性ラッカーで塗装されています。そ...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
木から作られた驚くほどリアルな彫刻作品... こちらは、イタリアの彫刻家Peter Demetz(ピーター・デメッツ)(1969-)の作品です。サイズ的には約50〜120㎝という小さな人物像ではありますが、そのリアルさ、肌や衣服の表現には目を見張るものがあります。見た目の素材としての木は眼前にあるわけですが、木の木目がありながらも、肌の微妙な抑...
     

SNSで更新情報を配信中!!