木の記憶をブランド品の紙袋の中に。照屋勇賢のアート作品「告知―森」


沖縄県出身の美術家。ニューヨーク在住のアーティスト照屋勇賢(1973年〜)の「告知―森」(Notice – Forest)という作品をご紹介します。照屋は身の回りにある日用品を素材にして様々な現代アート作品を制作しています。

照屋勇賢の代表作であり、出世作である本作は、ファーストフード店や様々なブランド品の紙袋を繊細に切り抜くことによって作られおり、紙が木から作られているということを認識させられる素晴らしい作品です。使われている紙袋は、マクドナルド、ゴディバ、ポール・スミスなどです。

制作される作品のほとんどは「沖縄」を主題にした作品で、これらの作品以外では、米軍の飛行機やパラシュート部隊などをモチーフにした沖縄を代表する伝統的な染色技法である紅型作品「結い You-I」や、沖縄県出身の有名人、安室奈美恵や具志堅用高などをモチーフにした紅型作品「Heroes」などがあります。

照屋勇賢の作品は、グッゲンハイム美術館、ニューヨーク近代美術館、森美術館、金沢21世紀美術館など世界各国の美術館でコレクションされています。

Yuken Teruya Studio






こちらが展示風景です。袋を覗き込むと一本の木が見えます。

すべての画像を見る






 
 
 

2013年5月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。 かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。 シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
怪奇的。人間の髪やアンティーク、亡き祖母の遺品で作られる操り人形たち... 「Handsome Devils Puppets」という名前で活動する人形作家の人形作品は、人間の髪、数々のアンティーク、あと、亡くなった祖母の遺品であるアクセサリーやジュエリーなどから作られています。 人形は「アダムスファミリー」のウェンズデーアダムス、フリーダ・カーロ、シルヴィア・プラスな...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る