この違和感のなさ。下地に完全に溶け込んだストリートアーティストの作品

ノルウェーのストリートアーティストANDERS GJENNESTADの作品をご紹介します。

このアーティストは鉄板など錆びた金属や砂のような壁など様々なものにステンシルで描いています。ステンシルとはイラストや文字などを型紙に描き、その描いた部分を切り抜き、切り抜いた部分からスプレーや絵の具などを吹き付ける技法のことです。

主にストリートアーティストやあのBANKSYもこのステンシルを使ってストリートに作品を残しています。ステンシルの利点はやはり早く描けるということですかね。

路上で何時間も描くことはできないので、スプレーでささっと描いてトンズラするのに適しています。
ANDERS GJENNESTADはこのような絵画だけではなく屋外にもステンシルを使ってアート作品を残しています。











 
 
 

2013年5月9日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

超立体的。建物の構造を変えてしまうグラフィティアート... イタリア、ヴェネツィア在住のストリートアーティストManuel Di Rita(Peeta)はマンションやビルなどの建造物に立体的に見える幾何学的なグラフィティを描いています。 Manuel Di Ritaは、建造物の構造に影響するような効果的な描き方を用いており、描いたグラフィティによって複...
浮かぶ架空の建築物。広大な風景の中に佇む非現実的な空想世界... ドイツのシュワイクハイム在住のグラフィックアーティストMatthias Jung(マティアス・ユング)はデジタルコラージュによって高原や山岳などといった風景の中の浮かぶ建造物を作り出しています。 広大な風景の中にポツンと象徴的に存在し、映画の中のワンシーンのような、何かの物語の展開を感じさせて...
克明に描かれた顔と平面的な模様の対比。フォトリアリズムとキュビズムが融合した絵画... キュビズムで知られている最も有名な画家はパブロ・ピカソなのではないでしょうか。ピカソの他にジョルジュ・ブラックも有名で、ピカソとブラックの2人によって創始された絵画技法の1つで、この2人の以外では、フェルナン・レジェ、フアン・グリスなどの画家もキュビズムの技法を用いて絵を描いています。 具体的...
ミヒャエル・エンデの父親であり画家のエドガー・エンデのシュルレアリスム絵画... ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)(1929-1995)といえばドイツの児童文学作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」として映画化された「はてしない物語」や、日本で根強い人気のある「モモ」などがとても有名ですね。 そのミヒャエル・エンデの父親エドガー・エンデ(Edgar End...
【過去最大級】「クリムト展」が4/23から東京都美術館で開催... グスタフ・クリムトの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」が2019年4月23日(火)〜7月10日(水)の期間に東京都美術館で開催されます。 この展覧会はクリムトの没後100年を記念して開催される展覧会で、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にある「ユディトⅠ」に「ベートーヴェン・フリーズ...
戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」... Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが...
     

SNSで更新情報を配信中!!