巨匠アンディー・ウォーホールがおしっこで絵を描いた作品シリーズ「Piss Painting」

ポップアートの代表格アンディー・ウォーホールと言えば、キャンベル缶や有名人をモチーフにした作品を思い出しますよね?ですが、あれらの作品だけではなくPiss Painting(ピス・ペインティング)、小便絵画という作品の制作していたことをご存知でしょうか。

おしっこで絵画???唖然としちゃいますね。おしっこが絵画作品になってしまうなんて信じられません。この作品はキャンヴァスに銅の顔料を塗り、アンディー・ウォーホールの助手などに放尿させて作られたものです。

これらの作品はあのアクションペインティングで有名なジャクソン・ポロックの作品が意識されています。

“抽象的な紋様や飛沫の跡が、前世代の抽象表現主義の身振りを応用、あるいはパロディとしていることは容易に推測されるが、「尿」を撒き散らすという行為によって、特にジャクソン・ポロックのドリップ絵画が想定されていたことは明白である。放物線を描き画面に定着するポロックの絵具と尿とが等価に扱われていることから、絵筆はペニスに持ち替えられ、抽象表現主義の男性性誇示(マチズモ)が批評的読解の対象になっているとも見なされる。”引用元
















クラウス・ホネフ
タッシェン・ジャパン
売り上げランキング: 494,255

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

怖い映画が勢ぞろい!!10/12から武蔵野館で「リング」、「学校の怪談」、「犬神家の一族」などが上映... 東京の新宿にある老舗の映画館、武蔵野館は2020年で100周年を迎えます。この100周年を記念して10月に「東洋の恐怖と、西洋の絶叫」と題した映画の上映イベントが開催されます。 10月12日に「吸血鬼ノスフェラトゥ」、10月13日に「学校の怪談」、10月14日に「リング」、10月15、16日に...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
「#名画で学ぶ主婦業」が最高。笑えるし、あるある過ぎるwww... ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」が最高に面白いです。ボッティチェリやジョット、マンテーニャ、エドガー・ドガ、喜多川歌麿に原田直次郎など西洋絵画から浮世絵まで古今東西、様々な名作が投稿されています。 「わかるわ〜〜ww」、「うちもいつも、その状態になります(笑)」、「その絶望感痛いほどわかりま...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されています。 ポーランド南東のサ...
     

SNSで更新情報を配信中!!