質感や雰囲気を巧みに活用。段ボールを素材にしたEVOLのアート作品


こちらはドイツのベルリンを拠点に活動しているストリートアーティストEVOL(エボル)(Tore Rinkveld)の作品です。段ボールを素材にした作品で、ダンボールに直接描かれています。

道端に落ちているボロボロのダンボールを使用し、ストリートアートなどでよく使われる技法で、型がくりぬかれた紙やシートにスプレーを吹き付ける描法であるステンシルで描かれています。

モチーフとなっているのは、マンションやアパート、古いビルや倉庫などの古い建物で、画面のほとんどがダンボールの質感をそのまま利用し、描かれている部分は窓やひさしなどです。
これらの多くは、1910年頃に建てられたシンプルなベルリンのタウンハウスで、2度の世界大戦をくぐり抜けた貴重な建物たちです。EVOLの長年住んできた地域には多く残っているようで、それらがモチーフとなっています。

壁面が段ボールの質感にこんなにも酷似しているなんて、驚ですね。これらの作品の他に、コンクリートブロックなどをマンションやアパートなどの建物に見立てた作品も制作し、世界各国のアートフェアや展覧会に多数、参加されています。

EVOL | Home






すべての画像を見る







 
 
 
2013年5月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... 画家点森秀雄(1935-2012)の絵画作品をご紹介します。森秀雄さんは絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名です。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空間が描かれています。 夢の中のような幻想的でイマジネーショ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る