この世にこんな場所が存在するとは、、ニュージーランドにあるワイトモ洞窟がありえない美しさ


ニュージーランド、オークランド郊外にあるワイトモ洞窟で撮影された写真をご紹介します。この洞窟には幼虫の頃に青白い光を発する土ボタル(ヒカリキノコバエ)が天井に生息しており、満天の星空のように輝く天井は圧巻の光景です。


棒状に吊り下がっているのは土ボタルの粘液です。長いものでは30〜40cm天井から垂らすことによって、虫を誘き寄せて粘液で絡め取り捕食します。

ツアーもあるようですね。行ってみたい。。


Amusing planet

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...
【閲覧注意】ホラー過ぎてドン引き。額から飛び出している絵画のような写真... イタリアのフォトグラファーLuca Pierroのポートレイト作品です。かなり怖いですね。「助けでぇぇ〜」とかうめき声が聞こえてきそうです。 額には伸縮性がある布が貼られており、額の向こう側の人物たちがこちら側に出てきそうなくらい顔や身体を飛び出させています。 Luca Pierroはこ...
技術力が圧巻。デジタル処理で作られた非現実世界が、かなりリアルに見える... レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業で、スウェーデンに拠点を置くErik Johansson(エリック・ヨハンソン)さんは、プロのレタッチャーであり、フォトグラファーです。 限りなくリアルに見えるフォトショップの技術力、レタッチなどが凄いの...
不機嫌なアリス。「不思議の国のアリス」をテーマとした写真シリーズ... こちらは1962年生まれモスクワのフォトグラファーVladimir Clavijoさんの作品シリーズ「ALICE」です。どこか不機嫌そうなモデルのアリスたちがとても印象的です。好奇心いっぱいの可愛らしい姿のアリスではなく、どこかだるそうな印象を受けますね。モデルのあるのママを撮影したのか、それとも演...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る