細密描写と鮮烈な色彩。ウィーン幻想派ルドルフ・ハウズナーの絵画作品

ウィーン幻想派は第ニ次大戦後の1960年代にウィーンを中心に始まった幻想絵画のグループで、ここで紹介するのは、ウィーン幻想派の中心人物であるRudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)の絵画作品です。
細密な描写と色彩豊かな絵画はとても有名で、無意識下の世界を魔術的ともいえる徹底した写実主義で貫いています。

以前もウィーン幻想派画家、Ernst Fuchs(エルンスト・フックス)をご紹介しましたね。

奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品

エルンスト・フックスもウィーン幻想派の一人で、他には、エーリヒ・ブラウアー、アントン・レームデンなどがウィーン幻想派の画家として知られています。
日本では、1993年にウィーン幻想派を紹介する大規模な展覧会「ウィーン幻想派展」が全国で巡回開催されています。






代表作とも言える作品「オデュッセウスの方舟」です。製作年は1948〜51年とありますのでかなり時間がかかったことが伺えますね。画面右側の遠近感がとても面白いですね。右と左の差を付けることで絵に空間が作られ引き込まれます。同じ画面にありながらも幾つもの空間が存在し、象徴的なイメージが混在しています。






Rudolf Hausner: ICH bin ES

Rudolf Hausner: ICH bin ES
Posted with Amakuri
Dieter Ronte
Swiridoff Verlag
売上げランキング: 165620

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
夢の中のような非現実感。少女たちを描くイギリスのアーティストStephen Mackeyの絵画作品... こちらはイギリスのアーティストStephen Mackeyの絵画作品です。 混合技法ということで油絵の具と他の絵の具や描画材を使って描いています。17〜19世紀の絵画に強くインスパイアされているようで、どことなく同じ構図や色調の絵画作品を見たことがあるのではないでしょうか。親近感と共に、既視感...
     

SNSで更新情報を配信中!!