世界の終わり。東京の廃墟風景を描く元田久治の版画作品


アーティスト元田久治(もとだひさはる)の版画作品をご紹介します。浅草や、渋谷などの東京や、またはランドマークのある世界の都市が廃墟化した風景を描いています。

とても幻想的ですね。でも少し恐ろしい気もします。世界が終わるような災害や戦争などが起こって都心が廃墟同然になってしまうことを考えるとちょっとゾッとしてしまいますね。

鉛筆で描かれているように見えますが、これらはリトグラフという版画の一種の技法が使われています。第一作品集「NEO RUINS」も発売されていますので、気になった方はぜひ。

幼い頃から古びた神社などを好んで描いていたという元田は、リトグラフの手法で建物が廃墟と化した姿を表現し、未来における過去の記録としての都市を描き続けている。
誰もが知っているようなランドマークをモチーフとし、都庁、銀座等の東京、北京オリンピックの鳥の巣、シドニーのオペラハウスやシンガポールのマリーナなどが半ば元の姿を残しつつも、放置され風化する中でまるで自然の一部へと戻っていうようなテクスチュアが細かい線と陰影により巧みに創出される。
熊本出身の作家が初めて上京したときに抱いた違和感、アウトサイダーの眼差しを保ちつつも、廃墟を通して都市が再生していく兆しを美しく表現したいという。


元田 久治|アートフロントギャラリー | ART FRONT GALLERY






すべての画像を見る






 
 
 

2013年6月7日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

日本の現代版画を世界に知らしめた人物。芥川賞作家としても有名な芸術家・池田満寿夫の版画作品... こちらは芸術家・池田満寿夫(1934-1997)の作品。ここでは版画作品をメインで紹介しますが、版画だけでなく挿絵画家、彫刻家、陶芸家、小説家、詩人、映画監督とかなり多彩な活躍をしていました。ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展、第33回ヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞受賞、1...
異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界... 版画家Richard A. Kirk(リチャード・A・カ―ク)のドローイング、版画作品をご紹介します。Richard A. Kirkはアメリカのロック・バンドKorn(コーン)のアルバム「Untitled」のアートワークを担当しました。上の作品が実際に使われた「Untitled」というアルバムです。...
知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。 こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。 小原古邨は、明治10年2月9日現在の石川県金沢市に生まれています。本名は小原又雄...
ヨルク・シュマイザーの独自世界。世界各地を旅して残した銅版画作品... ドイツに生まれ、オーストラリアを拠点に活動していた銅版画家Jorg Schmeisser(ヨルク・シュマイザー)(1942-2012)は、「旅する版画家」と言われるようにヨーロッパ、日本を含む、中国、カンボジアなどのアジア、中東、南極、そしてオーストラリアに至る世界各地を訪れ、その土地で見たことや聞...
緻密で繊細なエロティックな世界。ドイツの画家パウル・ヴァンダーリッヒの絵画作品... ドイツ人の画家Paul wunderlich(パウル・ヴァンダーリッヒ)(1927〜2010)の絵画作品をご紹介します。エロティックでシュールレアリスムの流れを受けた作風が特徴です。 画面構成がとても素晴らしく、安定のある構成感覚には脱帽です。人物や動物を緻密な線で描き、艶かしく独特の雰囲気を...
海女の魅力の虜になり描き続けた版画家・吉田賢治... こちらは銅版画家・吉田賢治さんの銅版画作品です。34歳の時に交通事故で右手を骨折し、画家として活動していた名古屋や東京から妻の故郷である志摩に移住されたそうです。 そこで初めて見た海女の姿に興奮しそれ以降神秘な美しさに惹かれ描き続けました。銅版画のなかでもエティングという銅板の表面を鉄筆でひっ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る