世界の終わり。東京の廃墟風景を描く元田久治の版画作品


アーティスト元田久治(もとだひさはる)の版画作品をご紹介します。浅草や、渋谷などの東京や、またはランドマークのある世界の都市が廃墟化した風景を描いています。

とても幻想的ですね。でも少し恐ろしい気もします。世界が終わるような災害や戦争などが起こって都心が廃墟同然になってしまうことを考えるとちょっとゾッとしてしまいますね。

鉛筆で描かれているように見えますが、これらはリトグラフという版画の一種の技法が使われています。第一作品集「NEO RUINS」も発売されていますので、気になった方はぜひ。

幼い頃から古びた神社などを好んで描いていたという元田は、リトグラフの手法で建物が廃墟と化した姿を表現し、未来における過去の記録としての都市を描き続けている。
誰もが知っているようなランドマークをモチーフとし、都庁、銀座等の東京、北京オリンピックの鳥の巣、シドニーのオペラハウスやシンガポールのマリーナなどが半ば元の姿を残しつつも、放置され風化する中でまるで自然の一部へと戻っていうようなテクスチュアが細かい線と陰影により巧みに創出される。
熊本出身の作家が初めて上京したときに抱いた違和感、アウトサイダーの眼差しを保ちつつも、廃墟を通して都市が再生していく兆しを美しく表現したいという。


元田 久治|アートフロントギャラリー | ART FRONT GALLERY






すべての画像を見る






 
 
 

2013年6月7日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

胎児を3Dプリントするサービス 胎児のエコー写真を見て感動したお父さん達はいらっしゃるのではないでしょうか。最新の技術ではエコー写真ではなく、子宮内の胎児を3Dでプリンターでするサービスが日本を始め世界で行われているそうです。以前ご紹介した3Dプリンターを使って作品を作るアーティストなど、アート業界だけではなく様々な分野で...
【乙女デコ】大正ロマン溢れるアール・デコスタイル。小林かいちの花開いた絵葉書が素敵... こちらは小林かいち(1896-1968)の作品群です。小林かいち(本名:小林嘉一郎)は主に木版絵師、図案家として大正後期から昭和初期に絵葉書や絵封筒などのデザインを多く手掛けました。京都を活動の拠点としており情緒溢れる風景や物憂げな女性たちを描いています。当時若い女性を中心に人気があった...
知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。生涯多くの花鳥画を残しています。海外での評価が高く、オランダ国立アムステルダム美...
特殊な構造を持つ建築物。ロシアの建築家アレクサンドル・ブロツキーとイリア・ウトキンによる「ペーパー・... アレクサンドル・ブロツキー(Alexander Brodsky)(1955〜)とイリア・ウトキン(Ilia Utkin)(1955〜)はロシアの建築家であり、モスクワ建築大学在学時の同級生です。2人はコンビで紙でつくる建築を模したアート作品であるペーパー・アーキテクトを制作して発表していまし...
【限定250点】大友克洋が原画・監修した仙台空港陶板レリーフのジークレー版画が販売中。お値段129,... 漫画家であり、映画監督の大友克洋が原画・監修を行い仙台空港ターミナルビル1階国際線ロビーに完成した陶板レリーフの壁画作品の完成を記念して、原画となった作品のジークレー版画がオリジナル記念品としてされています。タイトルは「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図」。なんと、限定250点。直筆サ...
【ジャパン・ルネサンス】「新版画」に情熱をかけた男たち。川瀬巴水と吉田博の木版画展が開催... 長野県東御(とうみ)市にある東御市出身の画家丸山晩霞の作品や愛用品を収蔵・展示する丸山晩霞記念館(まるやまばんかきねんかん)で「川瀬巴水・吉田博木版画展」が2015/11/7(土)~2016/1/31(日)の期間に開催されます。明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画、浮世絵の近代化、復興...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る