喋り出しそうなくらいリアル。パンティーストッキングから作られた立体作品の表情


オランダのアーティストRosa Verloop(ローサ・パープル)の立体作品をご紹介します。これらの作品は女性が使うストッキングからできています。立体作品の素材をパンティーストッキングにしている時点でかなり驚きではありますが、 パンティーストッキングから現れたフィギュア(人型)はかなり異様な存在感を放っています。

フォルムもそうですが表情がかなり克明に作られており、人間の見た目をして、とても人間には似ていないのですが、微妙な顔の凹凸や質感などが今にも喋り出しそうなほど。ざっくり作られているように見えますが、ピンで細かく表情を操作しています。

ピンのカラフルな斑点も気持ち悪いですね(笑)もちろんいい意味で。ちなみに、装着も可能です。

Rosa Verloop – Wie ben Ik.






すべての画像を見る






 
 
 

2013年6月16日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
可愛い!!R. Wakeの制作した一角獣の赤ちゃん... こちらは彫刻家R. Wakeの制作した一角獣の赤ちゃんの作品です。ポリマー粘土、シリコーン、樹脂などが使われ、毛の部分の素材は、アンゴラヤギの毛であるモヘアが使用されています。 空想の動物である一角獣であるユニコーン。ヨーロッパの伝説上の動物で馬の形をし,額に一本の角があります。逞しい一角獣は...
異種混合が新しいオブジェの誕生へ。トミカがお寿司を運ぶアート作品「トミ寿司」... 「中野裕介/パラモデル」の作品をご紹介。以前もご紹介したパラモデルの作品ですが→おもちゃで覆い尽くされた空間!プラレールを使った大規模なアート作品が凄い! こちらもとてもユニークで面白いです!使われているのはおもちゃの車で有名なトミカ、とお寿司の食品サンプルです。この2つが本当にジャストサイズ...
[東京芸大]卒展に展示された山田勇魚の彫刻作品が話題... 東京芸術大学修了展、通称「卒展」に展示されている山田勇魚(Yamada Isana)さんの彫刻作品「輪廻」がTwitterで話題となっています。作品のモチーフとなっているのはクジラで、液体のような有機的なフォルムがとても美しいですね。 この東京芸術大学修了展は1月31日(日)まで、9:30〜1...
羊毛フェルトで作られた奇妙な動物たち... ニューオーリンズ出身のニューヨークで活動するアーティストZoe Williamsは羊毛フェルトを使って奇妙な動物たちのオブジェを制作しています。 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形はフェルティングドールとも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売され、そのキット内の...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る