今にも音が聴こえてきそうなほど美しい。千住博の作品シリーズ「Water Fall」

千住博の作品をご紹介します。1995年にはヴェネツィア・ビエンナーレで27年ぶりに日本人として優秀賞を受賞、2002年には大徳寺聚光院別院襖絵完成させるなど国内外で広く知られるアーティストです。

これらは代表作とも言える滝の絵画「Water Fall」です。真っ暗な空間に滝が水面に流れ落ちています。今にも滝から水の落ちる音が聴こえてきそうですね。神聖で崇高なものさえ感じます。無駄なものを一切省くことによって滝のイメージを膨らませ、本物の滝より滝っぽい作品になっています。

メトロポリタン美術館、故宮南院、広島市現代美術館などに作品が所蔵されています。また、長野県の軽井沢には軽井沢千住博美術館があり、千住博が1978~2012年にかけて制作した作品約100点を所蔵されています。ご興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

作品集だけでなく、美術史や芸術に関する著作も多いので、チェックしてみてください。

Hiroshi Senju Studio






すべての画像を見る






 
 

 
 
 

2013年6月19日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...
【空想建築】実在しない静かに佇む建造物を描いた野又穫の絵画作品... こちらは実在しない建造物を描く画家・野又穫(Nomata Minoru)の絵画作品です。一度見ると忘れられない不思議な魅力がある作品ですね。 伊坂幸太郎の「モダンタイムス」の表紙にも使われています。また、石田衣良の「ブルータワー」という作品の表紙も使われています。 野又穫(Nomat...
満たされ融和して行く内なる森。「無題」と名付けられた絵画作品... ドイツの芸術家mokiのアクリル絵画作品をご紹介します。まるで自然の中に溶け込む、もしくは隠れているかのような人物が描かれています。 人物は一部しか描かれておらず、画面のほとんどが植物や土、水など風景や光景が描かれています。自然の一部が布のような表現がされていることもあります。 描かれて...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る