自然を愛した画家・色彩の魔術師フンデルトヴァッサーの絵画世界

こちらはオーストリアの画家、建築家のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(Friedensreich Regentag Dunkelbunt Hundertwasser)(1928〜2000年)の絵画作品です。大阪にある大阪市環境局舞洲工場でご存知の方も多いはずです。

直線を一切使わず、曲線だけ使って螺旋や渦巻き、樹木の年輪のような線の重なりを描いています。直線のことをフンデルトヴァッサーは以下のように言っています。

「自然の中に唯一存在しないものが直線である。社会や文化が存在しないこの直線に基づいているとすれば、やがてすべては崩壊するだろう」 wiki

自然を愛したフンデルトヴァッサーは、自然への回帰を唱え、自然との共生をテーマにした作品を多く残しています。
絵画だけでなく、多くの建築物も冒頭の大阪市環境局舞洲工場や、ウィーンにある公共住宅フンデルトヴァッサー・ハウス、聖バーバラ教会など、絵画がそのまま建築になったような建築物で、絵画作品もそうですが奇抜な色彩と風変わりなフォルムは一度見たら忘れられないインパクトがあります。











こちらはオーストリアはウィーンにある1986年に建設された「フンデルトヴァッサー・ハウス」です。徹底的に直線を排除し、また自然との共生を謳う彼の思想が分かりますね。

こちらが大阪市環境局舞洲工場です。






フンデルトヴァッサー NBS-J (タッシェン・ニュー・ベーシックアート・シリーズ)

 
 

フンデルトヴァッサー建築 (ジャンボシリーズ)
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー
タッシェン

 

2013年6月24日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】... メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。 絵を描くようになったのは父親の影...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
     

SNSで更新情報を配信中!!