不条理すぎ。スペインの漫画家Joan Cornellà(ホアン・コルネラ)の作品が意味不明で面白い

スペインの漫画家、イラストレーターJoan Cornellà(ホアン・コルネラ)の作品をご紹介します。腕がちぎれたり、燃えたり、血が吹き出したりとかなり残酷な描写があるのですが意味不明過ぎて笑えます。なんだこの世界観。

Joan Cornellà
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

目から鱗!?任天堂のファミコンゲームを3Dにしたらワクワク感がハンパない... こちらはJustin Buonvinoのデジタル作品です。スーパーマリオブラザーズやゼルダ、ロックマンなど昔懐かしの2Dゲーム。もしそれが3Dになったらどうなるか?を実際に表現しています。 無駄にリアルな方向に行かないでただ昔の2Dを立体的にするだけでこれだけ世界観が変わるのですから眼から鱗で...
精密なディテール。描き下しイラスト200点が収録された制服資料の決定版「日本の制服150年」... 「日本の制服150年」が青幻舎から発売されています。本書はパイロット・キャビンアテンダント・国鉄・JR 乗務員・郵便配達・郵便局員・医師・看護師・介護福祉士神職・巫女・僧侶・海女・漁師・農夫・大工・鳶職人・自動車整備士・食品加工・仲買人・デパートガール・OL・受付嬢・ホテルマン・ベルボーイ・ウエイタ...
素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
【見逃せない】この2人が!!宇野亞喜良と山本タカトがコラボした展覧会が東京、金沢で開催... 日本を代表すると言っても過言ではなく2人のイラストレーター宇野亞喜良(1934年生まれ)と山本タカト(1960年)の展覧会「二人展 宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」が開催されます。 本展では、1917年に発表された泉鏡花の戯曲「天守物語」をモチーフにした展覧会で、宇野亞喜良と山本タカトの挿...
【要チェック!!】山本タカトの展覧会「ノスフェラトゥ」が10/26より渋谷で開催... タワーレコード渋谷店にあるSpaceHACHIKAIで、10月26日(金)~11月11日(日)の期間にイラストレーター山本タカトさんの展覧会「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」が開催されます。 この展覧会は最新作品集「ノスフェラトゥ」刊行を記念したも...
Gorillazのキャラクターデザインを担当するJamie Christopher Hewlettの... こちらは、Jamie Christopher Hewlettというイギリス出身のイラストレーターの作品です。ロックバンドGorillazのジャケットやMVで見覚えのある方も多いのではないでしょうか? 彼の作品の特徴といえば、なんといっても、このアングラ感漂う独特な世界観ですよね。彼が一躍有名に...
     

SNSで更新情報を配信中!!