不条理すぎ。スペインの漫画家Joan Cornellà(ホアン・コルネラ)の作品が意味不明で面白い

スペインの漫画家、イラストレーターJoan Cornellà(ホアン・コルネラ)の作品をご紹介します。腕がちぎれたり、燃えたり、血が吹き出したりとかなり残酷な描写があるのですが意味不明過ぎて笑えます。なんだこの世界観。

Joan Cornellà
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

目から鱗!?任天堂のファミコンゲームを3Dにしたらワクワク感がハンパない... こちらはJustin Buonvinoのデジタル作品です。スーパーマリオブラザーズやゼルダ、ロックマンなど昔懐かしの2Dゲーム。もしそれが3Dになったらどうなるか?を実際に表現しています。 無駄にリアルな方向に行かないでただ昔の2Dを立体的にするだけでこれだけ世界観が変わるのですから眼から鱗で...
こんなディズニーは嫌だ。残酷過ぎるブラックユーモア満載のイラストレーション... イラストレーターのBen Chen(ベン・チェン)はディズニーや童話で登場する様々なキャラクターたちをブラックユーモアたっぷりに描いています。 「不思議の国のアリス」に登場するうさぎが丸焼きにされたり、「ダンボ」がサーカス団の団長に耳が切り落とされたり、人魚姫が熊に食べられたりと、本来の物語と...
シンプルisベスト!?ディズニー映画をミニマルに表現したリメイクポスター... グラフィックデザイナーEurydyka KataとRafał Szczawińskiの「re:design」ではディズニー映画をミニマルかつクラシックにデザインしたポスターを公開しています。 「白雪姫」から「塔の上のラプンツェル」まで全部で20つあります。それぞれの特徴を上手く掴んだリメイクポ...
現代における社会問題をテーマにしたPawel Kuczynski(パウル・クチンスキ)の風刺画... グラフィックデザイナー、イラストレーターのPawel Kuczynski(パウル・クチンスキ)は、1976年にポーランドのシュチェチンで生まれました。 ポケモンGOを皮肉ったイラスト作品「Control」 ポズナンの美術アカデミーを卒業し、グラフィックデザインを専攻しています。2004年...
100体の人魚を描いたイラストシリーズ「100 mermaids」... ドイツ在住のイラストレーターJana Heidersdorfは100体の人魚を描いた作品シリーズを公開しています。 人魚といえば、上半身が人間、下半身が魚の空想上の生物ですね。ディズニー映画の「リトルマーメイド」では可愛い姿の人魚アリエルが登場します。 しかし、Jana Heidersd...
かなりグロい!?ポケモンを解剖学的に描いたイラスト集「Pokedex Entry」... 以前、ご紹介したポケモンを解剖図的に描いたRyan Mauskopfのイラスト作品は、昔の漫画雑誌の怪獣の解剖図解のようなレトロなテイストの作品でした。 見事な空想力。ゴジラやガラモンなど人気5大怪獣の解剖図解が凄い!! アメリカのデジタルアートティスト、Christopher Stol...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る