不条理すぎwwスペインの漫画家の作品が意味不明で面白い


スペインの漫画家、イラストレーターJoan Cornellà(ホアン・コルネラ)の作品をご紹介します。腕がちぎれたり、燃えたり、血が吹き出したりとかなり残酷な描写があるのですが意味不明過ぎて笑えます。なんだこの世界観。






ちょっと!それはどう考えてもダメだろうww

打たれた人、可哀想。。てかなんで裸???

最後、顔ww

なんでwww

ドアから出てきたと思ったのに・・・やっぱり最後、顔ww







この記事に興味のある方はこちらもオススメです

目から鱗!?任天堂のファミコンゲームを3Dにしたらワクワク感がハンパない... こちらはJustin Buonvinoのデジタル作品です。スーパーマリオブラザーズやゼルダ、ロックマンなど昔懐かしの2Dゲーム。もしそれが3Dになったらどうなるか?を実際に表現しています。無駄にリアルな方向に行かないでただ昔の2Dを立体的にするだけでこれだけ世界観が変わるのですから眼から鱗で...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...
統合失調症を発症したLouis Wain(ルイス・ウェイン)の作品変遷が凄まじい... こちらは統合失調症を発症したイギリス人イラストレーターLouis Wain(ルイス・ウェイン)(1860〜1939)作品です。このイラストレーターは猫をモチーフに生涯多くのイラスト作品を残しています。統合失調症を発症する以前は擬人化された猫を描いており、児童書の挿絵を執筆し、新聞、専門誌、雑...
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患ったアーティストが目だけで描いた作品... 米テキサス州オースティンに住むアーティストFrancis Tsai(フランシス・ツァイ、蔡逸男)は2010年にALS(筋萎縮性側索硬化症)を患います。2015年4月23日に亡くなるまでに制作された作品です。ALS(筋萎縮性側索硬化症)については以下。ALSとは身体を動かすための神経系...
素敵!!世界の美術史を靴で表現したデザイン画「A Walk Through Art History」... こちらはNick Adelman(ニック・アデルマン)さん、2012年、当時17歳、高校生の時に制作した靴のデザイン画です。これらのシリーズは、世界の美術史の特徴やテイストを靴に詰め込んだデザインになっており、バロック美術、ギリシャ美術、ゴシック美術、イスラム美術などそれぞれの時代の美術文化を上手く...
ハリウッド版!?超能力バトルが楽しめそうなセーラームーンのイラスト... こちらはロシア、モスクワを拠点にするイラストレーター、コンセプトアーティストGeorge Redreev(ジョージ・レッドリーフ)の作品です。漫画家・武内直子さん「美少女戦士セーラームーン」のセーラージュピターとセーラーヴィーナスをモチーフにしたイラストレーションとなっています。マーベルのス...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る