【銃】命の脆さを表現しているのかもしれない・・・ガラスで作られた繊細で儚い彫刻作品

フロリダを拠点に活動するRobert Micklesenの制作したガラスの彫刻作品をご紹介します。ここで紹介する作品は銃のみですが、人物などほかにも様々なガラス彫刻を制作しています。

繊細で壊れやすいガラスという素材で銃を作ることに一体どんな意味があるのでしょうか?とても興味深い作品ですね。

Robert Micklesen






©Robert Micklesen
©Robert Micklesen

すべての画像を見る






 
 
 

2013年8月24日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

今にも動き出しそう。ガラスで作られた透明感あるリアルな蜘蛛たち... ウクライナのアーティストNikita Drachukはガラスでクモやサソリ、ネズミなどの小動物をガラスで制作しています。日本でいうと飴細工のような透明感があり、それらの造形も繊細で有機的で美しいです。 これらの作品はバーナーワーク(ランプワーク)、ガラスの成形技法の一種でバーナーの炎によってガ...
まるで微生物や病原菌。ガラス板を重ねて微細なイメージを浮かび上がらせる芸術作品... ガラスの板を何枚も重ね合わせて像を作り出す作品は以前何度もご紹介したことがあります。ドイツ生まれのアーティストWilfired Grootensも同じ手法を使って作品制作しています。 見る角度によって変化するこの作品は、描かれた模様が全く見えなくなる角度もあります。細密なイメージが浮かび上がり...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る