ゾッとする。鑑賞者に銃を突きつけるドローイング作品


こちらはアメリカのニューペインティングアーティストで映画監督のRobert Longo(ロバート・ロンゴ)の鉛筆で描かれた「Bodyhammer」というドローイング作品のシリーズです。

これらの作品は、銃の種類も明記されており、回転式拳銃「Revolver(リボルバー)」や短機関銃「コルト 9mm」など様々な拳銃を真正面から描いた銃のポートレイトとも言うべき作品です。

写真のような、鉛筆で描いたとは思えないほど、克明に描写されており、鑑賞者に、銃を突きつけているような、少しゾッとするような作品群です。銃の危険性や昨今、銃犯罪の深刻さを訴えているのでしょうか。






38 Special(.38スペシャル弾)

Revolver(リボルバー)※回転式拳銃

9mm Colt 45(45口径9mm弾)

Uzi(ウージー)※イスラエルのIMI社製の短機関銃






9mm(9mm拳銃)

Beretta(ベレッタ)

Glock 19(グロック 19)※グロック社が開発した自動拳銃

こちらは展示会場の風景です。結構大きい作品ですね。威圧感が半端ではないです。

Robert Longo






 
 
 

2013年8月31日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く奇怪な恐竜やSF的な怪物たち... ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く、怪物や空想上の恐竜のドローイングが素晴らしいです。人間との比較で実際のスケール感や想定された骨格、雄雌の違いなどまで描き分けています。 エイリアンや、河童、妖精、既存の動物と融合したかのような恐竜も描き、様々な造形的要素を組み合わ...
顔で埋め尽くされる画面。統合失調症の画家Edmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)の濃密... ポーランドのアーティストEdmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)(1897–1962)は統合失調症のアーティストです。統合失調症とは幻聴、幻覚、異常行動などを伴う認知能力、思考、知覚、感情、言語、自己と他者の感覚、これらの他人との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つで、(...
悪夢的絵画世界。アーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)のドローイング作品... ニューヨーク出身でロサンゼルスを拠点に活動するアーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)の絵画作品をご紹介します。 恐怖政治、セクシュアリティ、欲、無関心などを主題にしたモノクロームのドローイング作品です。高熱でうなされた時のような、現実ではありえない光景がリアルに描かれてい...
生々しく残る傷跡。戦争で顔面を負傷した傷痍軍人たちのポートレイト... 外科医でもあった英国の画家Henry Tonks(ヘンリー・トンクス)(1861-1937)は第一次世界大戦で顔面を大幅に損傷した傷痍軍人たちのポートレイトを描き続けた画家です。 パステルという顔を描き込むにはには、多少不向きな描画材料ではありますが、顔の肉感や傷の生々しさが克明に描かれていま...
【鉛筆画】空気まで克明に描くアーティストPaul Caddenの超描写... スコットランド、グラスゴー出身のアーティストPaul Cadden(ポール・カデン)(1964-)は鉛筆を使って克明なほどに人物や風景を描いています。鉛筆で描かれているせいで画面が若干、反射しているようにも見え、撮影環境も写されているようにも思えますが、人物だけでなく画面全体のリアリティを求めている...
独特の造形を模様にするスコットランドのアーティストCosmic Nuggetsのドローイング作品... こちらはスコットランドのアーティストCosmic Nuggets(コズミックナゲッツ)のドローイング作品、雑誌の切り抜きや写真、広告、ポスターなどにペンや絵の具を使って模様を施しています。 装飾性がとても強く、民族的なマスクを感じさせる模様ですね。一見ユニークさを感じさせますがどこか威圧するよ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る