【6選】なんでこんな所に??断崖絶壁にある世界の物凄い建造物


世界の断崖絶壁にある建造物をご紹介したいと思います。なんでこんな所に!!と驚く建造物ばかりです。

今回は街などではなく特に宗教的建造物、教会や修道院、お寺を紹介しています。






メテオラ

こちらはとても有名なギリシャにある世界遺産メテオラです。メテオラとは、ギリシア語で「中空に浮かぶ」を意味する「メテオロス」が語源です。頂上にはアギオス・ニコラス修道院が建てられています。物資を運び上げるのにロープウェーを使っているようです。

Katskhi Pillar

Katskhi Pillarはグルジアにある教会です。40メートルの石灰岩でできており、ここには20年以上1人のおじいが住んでいます。物資はロープウェーで上げているようです。

懸空寺

中国にある懸空寺です。5世紀末、今から1400年前の北魏後期に建立されました。中国というとその広大な大地からこのような断崖絶壁に建築物があることなんて想像出来ないですね。
懸空寺は仏教、道教と儒教の三つを一体化した独特の宗教の寺院です。

遠くから見るととんでもないことになっています。まさに目がテンですね。






マウント・ポパ

こちらはミャンマーにあるマウント・ポパ。頂上にはミャンマーの土着信仰である精霊の信仰の総本山があり、多くの参拝客を集めています。ここは登山道があり多くのみやげ物店があります。

タイガーズネスト

タイガーズネストはブータンにあります。ラカン・タクツァン僧院という建造物が存在し、この「タクツァン」というのは「虎のねぐら」という意味だとか。
ブータンにチベット仏教を伝えた聖者グル・リンポチェが虎に跨ってこの地に舞い降りたという伝説このように言われています。よくもまあこんな所に・・・。500mの絶壁に建立されて片道2~3時間の道のりです。この僧院はブータン随一の聖地として有名ですよ。

修道院スメラ

こちらはトルコにある修道院スメラです。文化遺産に指定され、トルコ北東部の黒海沿岸都市トラブソンの南およそ25kmの所にあります。
4世紀頃の建立され、6階建て。僧院が72室もあり、外壁と洞窟の内部にはフレスコ画が残されています。現在は観光地として賑わっています。

国宝三仏寺(ぶつじ)

最後に日本の国宝三仏寺(ぶつじ)の投入堂をご紹介。三仏寺は鳥取県東伯郡三朝町にあり、平安時代後期の建立され標高900mの三徳山に境内を持つ山岳寺院です。






 
 
 

2013年9月13日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

特殊な構造を持つ建築物。ロシアの建築家アレクサンドル・ブロツキーとイリア・ウトキンによる「ペーパー・... アレクサンドル・ブロツキー(Alexander Brodsky)(1955〜)とイリア・ウトキン(Ilia Utkin)(1955〜)はロシアの建築家であり、モスクワ建築大学在学時の同級生です。2人はコンビで紙でつくる建築を模したアート作品であるペーパー・アーキテクトを制作して発表していまし...
本当に大丈夫か!?橋のようなガラス製プールが怖すぎる... こちらはHAL architectsが手掛ける2018年を完成目標にした驚きのデザインをした「スカイプール」。地上10階建てのマンションとマンションの間に橋のように架けられていてガラス製なんだとか。長さは約27m、深さは約3m、約20cmの厚いガラスで作られます。ロンドンの中心部、ナインエル...
空前絶後の宗教世界。バンコクにあるワット・プラ・タンマガーイ寺院... こちらはタイのバンコクにある仏教系のワット·プラ·タンマガーイ(Wat Phra Dhammakaya)という寺院。バンコクの北、パトゥムターニー県にあります。この寺院は30万体の金の仏像によって屋根が覆われている施設Dhammakaya Cetiyaがあり、その驚きの光景に目を奪われてしま...
金融機関とは思えない。巣鴨信用金庫「中青木支店」が素敵!!... 以前、フランス人建築家のエマニュエル・ムホーが手掛けた東京都豊島区に本店のある信用金庫、巣鴨信用金庫の店舗をご紹介しましたが、他にも巣鴨信用金庫を5店舗も手掛けられているようです。今回は埼玉県の西川口駅周辺にある中青木支店です。正面の立体感あるカラフルなキューブが金融機関とは思えないほど、と...
SF映画好きには堪らない!?ポーランドにあるFM局がまるで月面基地のようでワクワクする。... こちらはポーランドの大手放送局「RMF FM」の本社ビルです。まるで月面の軍事基地のようでSF映画に登場しそうな建築物ですね。13個のドームとドームをつなげるチューブで構成されています。こんな職場があるなんて、ちょっと驚きですね。室内の写真を見ると遊び心いっぱいで楽しそうですね。通路、トイレなども映...
まさに職人技。廃墟となった工場がモダンな事務所に変身... イタリアのインテリアデザイナー、彫刻家のVincenzo de Cotiisは廃墟となったイタリアのブレシアにある1940年代の靴下工場を新たに住居として再設計しました。廃墟としての雰囲気を上手く残し、現代的に空間が演出がされています。ボロボロとなった壁やシミなど、まるでわざとそのような質感に作り上...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る