[PR]筆文字ロゴのご用命は「ふで無双」へ ふで無双バナー


蛭子能収が考えた2020年東京オリンピックのマスコット「トカイッコ」の破壊力www


漫画家であり、イラストレーター、テレビタレントとしても活躍する蛭子能収(えびすよしかず)といえば、個性的な発言や行動が有名ですね。

様々な逸話にゾッとすることも多々あり、同じ漫画家のみうらじゅんや、根本敬などがクズエピソードが披露されています。
「人が死ぬと楽しい。ついおかしくて笑ってしまう。」と発言しているそうで、ビートたけしの母の葬儀にニヤニヤ笑って参列し、遺族達を激怒させたとか、「うちの子供見に来ませんか?」と言ってホルマリン漬けの奇形の胎児(自身の最初の子供)を病院の研究室に見せに連れって行ったりなど、本当か嘘かわかないエピソードがありますね。

その蛭子能収ですが、2020年に開催される東京オリンピックのマスコットキャラクターを考えたようです。TVで公開され、「あかんwwwwwwこれはあかんwwwwww」、「絶対採用されねー!マスコットってゆーか人だから(笑)」などの感想が寄せられています。
安直すぎるというか、蛭子にしか作り出せない、オリジナリティ溢れるマスコットキャラクターですね(笑)

どうしたら、こんなキャラクターが生まれるのか。いつも漫画で描いているキャラクターに五輪をのっけただけじゃ…






蛯子能収が考えたオリンピックマスコット「トカイッコ」wwww






ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る