蛭子能収が考えた2020年東京オリンピックのマスコット「トカイッコ」の破壊力www

漫画家であり、イラストレーター、テレビタレントとしても活躍する蛭子能収(えびすよしかず)といえば、個性的な発言や行動が有名ですね。

様々な逸話にゾッとすることも多々あり、同じ漫画家のみうらじゅんや、根本敬などがクズエピソードが披露されています。
「人が死ぬと楽しい。ついおかしくて笑ってしまう。」と発言しているそうで、ビートたけしの母の葬儀にニヤニヤ笑って参列し、遺族達を激怒させたとか、「うちの子供見に来ませんか?」と言ってホルマリン漬けの奇形の胎児(自身の最初の子供)を病院の研究室に見せに連れって行ったりなど、本当か嘘かわかないエピソードがありますね。

その蛭子能収ですが、2020年に開催される東京オリンピックのマスコットキャラクターを考えたようです。TVで公開され、「あかんwwwwwwこれはあかんwwwwww」、「絶対採用されねー!マスコットってゆーか人だから(笑)」などの感想が寄せられています。
安直すぎるというか、蛭子にしか作り出せない、オリジナリティ溢れるマスコットキャラクターですね(笑)

どうしたら、こんなキャラクターが生まれるのか。いつも漫画で描いているキャラクターに五輪をのっけただけじゃ…






蛯子能収が考えたオリンピックマスコット「トカイッコ」wwww






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
すべてを肯定する「YES」の1文字。ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品「天井の絵」... こちらはオノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いのきっかけとなった作品「天井の絵/イエス(YES)・ペインティング」です。 1966年、前衛芸術家として活躍していたオノ・ヨーコはロンドンのインディカ・ギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催します。その前日にジョン・レノンがギャラリーを訪れ...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...
これは胸アツ!?アーマタイプの装甲型レギンスがカッコイイ。... バンクーバーのデザインスタジオ「Mitmunk」の販売しているレギンスをご紹介します。メカニックなビジュアルをレギンスに再現しました。まるで漫画やSF映画の世界のようですね。コーディネートが難しいそうですが。コスプレなんかにいいかもですね。 価格は7,900円とレギンスにしてはちょい高めですが...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
     

SNSで更新情報を配信中!!