どこか叙情的な雰囲気が印象的。斧や金槌の柄部分を彫刻して作られた立体作品


Park Ju-Hyunの彫刻作品をご紹介します。以前にも似た作品をご紹介しましたね。木製部分に細やかな彫刻を施した作品です。こちら→発想と造形力が素晴らしい。木製の家具や道具に骨格を彫刻した立体作品
今回ご紹介する作品は素材を斧や金槌に限定し、しかも人物を彫ることでその特徴を得ています。






とてもアクロバティックですね。ポーズが面白い!

斧という素材のせいかノスタルジックで童話的な雰囲気も醸し出しているように思えます。

ライティングのせいかとてもドラマティックです。

次ページ

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

可愛い!!クレヨンの先を削ったカラフルでキュートな作品達... ベトナム生まれのアメリカ人アーティストDiem Chauの作品をご紹介します。これらはクレヨンの先に人物や動物などが削られた作品になっています。 クレヨンの先に彫ることも凄いのですが、彫られた人物などがとても可愛らしくユーモラスなのが、またこの作品を素晴らしくしている要因の1つかもしれませんね...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る