濃密な昭和の雰囲気。バルテュスの絵画を写真としてリメイクした作品「バルテュス絵画の考察」

写真家の原久路の写真作品シリーズ「バルテュス絵画の考察」をご紹介します。バルテュスは少女をモチーフとした絵画作品がとても有名なフランスの画家ですね。原久路はこのバルテュス作品を写真に変換して作品制作しました。

スカートを履いた少女はセーラー服に。男性は同年代の学ラン姿の少年になっています。ただ元の絵画のように再現しただけではなく、独自の解釈で表現されているように思えます。
撮影は自然光のみで行われ、場所は大正時代に建てられ、昭和40年頃まで開業していた個人病院を使ったようです。

海外でもバルテュスの作品を写真にするアーティストはいますが、原久路の作品は群を抜いています。比較として元となったバルテュス作品の画像リンクがありますのでクリックしてご覧下さい。

Official Homepage of Hisaji Hara 原久路 オフィシャルサイト






 
 
 

2019年2月10日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

魚の顔を真正面から眺めるとスゴく可愛い!写真集「The Fish Book」に癒される!... こちらはフォトグラファーErnest Gohの写真シリーズThe Fish Bookという作品です。 本当に愛らしい表情のお魚たちですね。白の背景に色鮮やかなお魚達がとてもポップで可愛らしく見えます。 以前ご紹介したこちらは逆に暗闇で泳ぐ金魚が撮影されています。ご参考にどうぞ。オフィシャ...
白昼の悪夢。Chris McKenneyの不気味過ぎる怖い写真シリーズ... Chris McKenneyの写真作品をご紹介します。確かにシュールで不気味な要素が多いのですが、そこまで怖がらせることはせずにとてもセンス良くまとまっていますね。 程よいグロさが絶妙です。個人的には、スペインの低予算SFサスペンス、イグナシオ・ビガロンド監督の映画「タイム・クライムス」を想起...
昭和シュールレアリスム。前衛芸術の草分け写真家・山本悍右の世界... 山本悍右(Kansuke Yamamoto)(1914-1987)の写真をご紹介します。 これらの写真は1940年代後半〜50年代に多く撮影され、日本におけるシュールレアリスム作品の礎、シュールレアリストの草分け的存在ともいえるアーティストです。セピア調の色調やシンプルで非現実感漂う世界、昭和の独...
みさおばあちゃんと猫のふくまるの日常を写し取った美しく感動的な物語「みさおとふくまる」... これらの写真は「みさおとふくまる」という写真集、伊原美代子(いはら みよこ)による写真集です。 伊原美代子に十数年前を撮影し始めた、ネコのふくまるとおばあちゃんのみさおが被写体となったシリーズです。 「ふくまる」という名前には「福の神様が来て、すべてが丸く治まるように」という意味が込めら...
虚と実が織りなす独特なモノクロームの美世界。魚や野菜を素材にしてオブジェを制作して撮影された今道子の... 今 道子の写真作品をご紹介します。今 道子は魚や野菜や衣類をつかい、オブジェを制作して撮影する写真作品を作っています。 第16回木村伊兵衛写真賞受賞し、東京都写真美術館をはじめヒューストン美術館(アメリカ)、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ美術館(フランス)など、パブリックコレクションにも多数収蔵...
路上で客を待ち続ける売春婦を捉えた写真シリーズ「The Waiting Game 」... スペインの写真家Txema Salvansは路上で客を待つ売春婦の姿を捉えました。スペインでは若年層の失業率が高く、こういった道路の測道などで客を待つ娼婦が増えているそうです。 これらの写真シリーズ「The Waiting Game」はスペインの地中海沿岸に沿って、6年間という長期に渡って撮影...
     

SNSで更新情報を配信中!!