統合失調症を発症したLouis Wain(ルイス・ウェイン)の作品変遷が凄まじい

こちらは統合失調症を発症したイギリス人イラストレーターLouis Wain(ルイス・ウェイン)(1860〜1939)作品です。このイラストレーターは猫をモチーフに生涯多くのイラスト作品を残しています。

統合失調症を発症する以前は擬人化された猫を描いており、児童書の挿絵を執筆し、新聞、専門誌、雑誌と様々な場所で作品が掲載されました。上の作品はLouis Wainの特徴とも言える全盛期の作品です。晩年は言動や行動から精神病院に隔離されました。その後、病院に移送され死去するまでの9年間を数匹の猫が飼育されていた病院で過ごしました。

統合失調症とは(wiki)より抜粋
・「連想分裂」を中核とする類似の症状の集合から構成される精神病理学
・疾患あるいは障害単位の存在自体がいまだ不明
・多数の発症原因を持つ多数の疾患であると予測されている。
・かつては「精神機能の著しい分裂」を基礎障害とするという意味で意訳され「精神分裂病」と呼ばれていた。
・主要な症状は、基礎症状として「連合障害(認知障害)」「自閉(自生思考等)」であり、副次的に「精神病状態(幻覚妄想)」など多様な症状
・発病率は全人口の約1%程度と推計されている(日本)






第1段階

まずは統合失調症発症後の第1段階の作品です。猫をモチーフにしています。背景にある模様が若干禍々しいです。

第2段階

猫から異様なオーラのようなものが出ているように描かれています。

第3段階

目があるだけで、もはや猫とは判別ができません。ここからシンメトリックな構図が展開されていきます。

第4段階

かろうじて目が残っているだけで何を描いているのかはわかりません。

第5段階

完全に模様になってしまった猫。植物のようにも見えますね。

これらの作品変遷が精神病学の教科書において、病状の悪化として紹介されることがあるそうです。最初の作品から比べると模様や色彩など様変わりしていますね。とても興味深いです。

Louis Wain wiki






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

精密なディテール。描き下しイラスト200点が収録された制服資料の決定版「日本の制服150年」... 「日本の制服150年」が青幻舎から発売されています。本書はパイロット・キャビンアテンダント・国鉄・JR 乗務員・郵便配達・郵便局員・医師・看護師・介護福祉士神職・巫女・僧侶・海女・漁師・農夫・大工・鳶職人・自動車整備士・食品加工・仲買人・デパートガール・OL・受付嬢・ホテルマン・ベルボーイ・ウエイタ...
素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
【見逃せない】この2人が!!宇野亞喜良と山本タカトがコラボした展覧会が東京、金沢で開催... 日本を代表すると言っても過言ではなく2人のイラストレーター宇野亞喜良(1934年生まれ)と山本タカト(1960年)の展覧会「二人展 宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」が開催されます。 本展では、1917年に発表された泉鏡花の戯曲「天守物語」をモチーフにした展覧会で、宇野亞喜良と山本タカトの挿...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。 オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...
リアルで怖い。可愛いキャラクター達がおぞましいクリチャーに変貌したイラスト集... スウェーデンのイラストレーターでタトゥーアーティストのDennis Carlsson(デニス・カールソン)は様々なキャラクターを、奇怪でグロテスクなキャラクターに変貌させています。 「ポケモン」のピカチュウや「となりのトトロ」、「クマのプー」、「リロ&スティッチ」など、尖った歯にむき出しの歯茎...
大友克洋や宮崎駿に多大な影響を与えた漫画家。メビウス(ジャン・ジロー)が描くSF的ファンタジー世界... メビウス(Moebius)のペンネームでも知られるフランスの漫画家ジャン・ジロー(ジャン・アンリ・ガストン・ジロー)のイラストレーションをご紹介します。 代表作には「アンカル」や「エデナの世界」などがあります。メビウス作品を見てると随所に、大友克洋や寺田克也を彷彿とさせるものがあります。ジャン...
     

SNSで更新情報を配信中!!