異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界

版画家Richard A. Kirk(リチャード・A・カ―ク)のドローイング、版画作品をご紹介します。Richard A. Kirkはアメリカのロック・バンドKorn(コーン)のアルバム「Untitled」のアートワークを担当しました。上の作品が実際に使われた「Untitled」というアルバムです。

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。Kornは日本でもとても有名なバンドですが、Richard A. Kirk自身は日本であまり紹介されていないようなのでとても残念です。Richard A. Kirkが描いているのは鳥や植物、クリチャー的要素のある人物などです。

余白をうまく生かした切れ味のあるドローイングがとても特徴的です。繊細に描き込まれ、独創的とも言える怪物的デザインは必見です。

Richard A. Kirk






ドローイング作品関連はこちら。

構築された線の集積。繊細にスケッチブックに描かれた童話世界のようなドローングが素晴らしい。
ちょっとドキドキする(汗)銃を突きつけられている感覚を味わうことができるドローイング作品






 
 
 

2013年10月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【展覧会】遊び絵の世界を堪能!!遊び心あふれる浮世絵111点が集結!!... 2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)に期間に神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市美術館(展示室1・2・3)で展覧会「江戸の遊び絵づくし」が開催されます。 町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
実に美味しそう・・・木版画でパンを作るアーティスト・彦坂有紀... 彦坂有紀さんはパンをモチーフにした木版画を制作しています。木版画の中でも「多色摺り木版」という技法が使われており、パンの焼けたカリッとした感じなどを表現しています。木版画でここまで「美味しそう」に表現できるなんて驚きですね。 木版画でパンの表現というアイデアの着眼点にも目を光らせるものがありま...
     

SNSで更新情報を配信中!!