異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界

版画家Richard A. Kirk(リチャード・A・カ―ク)のドローイング、版画作品をご紹介します。Richard A. Kirkはアメリカのロック・バンドKorn(コーン)のアルバム「Untitled」のアートワークを担当しました。上の作品が実際に使われた「Untitled」というアルバムです。

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。Kornは日本でもとても有名なバンドですが、Richard A. Kirk自身は日本であまり紹介されていないようなのでとても残念です。Richard A. Kirkが描いているのは鳥や植物、クリチャー的要素のある人物などです。

余白をうまく生かした切れ味のあるドローイングがとても特徴的です。繊細に描き込まれ、独創的とも言える怪物的デザインは必見です。

Richard A. Kirk






ドローイング作品関連はこちら。

構築された線の集積。繊細にスケッチブックに描かれた童話世界のようなドローングが素晴らしい。
ちょっとドキドキする(汗)銃を突きつけられている感覚を味わうことができるドローイング作品






 
 
 

2013年10月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

実に美味しそう・・・木版画でパンを作るアーティスト・彦坂有紀... 彦坂有紀さんはパンをモチーフにした木版画を制作しています。木版画の中でも「多色摺り木版」という技法が使われており、パンの焼けたカリッとした感じなどを表現しています。木版画でここまで「美味しそう」に表現できるなんて驚きですね。 木版画でパンの表現というアイデアの着眼点にも目を光らせるものがありま...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
世界的銅版画家・中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示。O美術館企画展を10月18日(金)から開... 公益財団法人品川文化振興事業団(所在地:東京都品川区、理事長:中川原史恵)は、「O(オー)美術館」(東京都品川区、館長:鳥山玲)において、10月18日(金)から期間限定で世界的銅版画家 中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示する「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」を開催いたします。 
 中林忠...
日本の現代版画を世界に知らしめた人物。芥川賞作家としても有名な芸術家・池田満寿夫の版画作品... こちらは芸術家・池田満寿夫(1934-1997)の作品。ここでは版画作品をメインで紹介しますが、版画だけでなく挿絵画家、彫刻家、陶芸家、小説家、詩人、映画監督とかなり多彩な活躍をしていました。ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展、第33回ヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞受賞、1...
「デューラーの再来」と言われた天才線描家ホルスト・ヤンセンの驚異のデッサン力... Horst Jansen(ホルスト・ヤンセン)(1929–1995)の作品をご紹介します。日本でも過去に何度か展覧会が開催されご存知の方も多いはずです。 1929年にドイツのハンブルグで生まれた時に、ホルスト・ヤンセンには、すでに父親がおらず、オルデンブルク出身の洋裁職人の母マーサ・ヤンセンと...
【驚愕】アルツハイマー病になりながらも自画像を描き続けた画家の記録... イギリス・ロンドンの画家ウィリアム・ウテルモーレン(William Utermohlen)の絵画作品をご紹介します。1933年生まれのウィリアムはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を患った画家として有名で、発病から晩年の作品変遷は驚愕の内容です。 ウィリアム・ウテルモーレンは、1933...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る