異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界


版画家Richard A. Kirk(リチャード・A・カ―ク)のドローイング、版画作品をご紹介します。Richard A. Kirkはアメリカのロック・バンドKorn(コーン)のアルバム「Untitled」のアートワークを担当しました。上の作品が実際に使われた「Untitled」というアルバムです。

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。Kornは日本でもとても有名なバンドですが、Richard A. Kirk自身は日本であまり紹介されていないようなのでとても残念です。Richard A. Kirkが描いているのは鳥や植物、クリチャー的要素のある人物などです。

余白をうまく生かした切れ味のあるドローイングがとても特徴的です。繊細に描き込まれ、独創的とも言える怪物的デザインは必見です。

Richard A. Kirk






ドローイング作品関連はこちら。

構築された線の集積。繊細にスケッチブックに描かれた童話世界のようなドローングが素晴らしい。
ちょっとドキドキする(汗)銃を突きつけられている感覚を味わうことができるドローイング作品






 
 
 

2013年10月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「デューラーの再来」と言われた天才線描家ホルスト・ヤンセンの驚異のデッサン力... Horst Jansen(ホルスト・ヤンセン)(1929–1995)の作品をご紹介します。日本でも過去に何度か展覧会が開催されご存知の方も多いはずです。 1929年にドイツのハンブルグで生まれた時には、すでに父親がおらず、オルデンブルク出身の洋裁職人の母マーサ・ヤンセンと祖父母の元で育ち、その...
日本の現代版画を世界に知らしめた人物。芥川賞作家としても有名な芸術家・池田満寿夫の版画作品... こちらは芸術家・池田満寿夫(1934-1997)の作品。ここでは版画作品をメインで紹介しますが、版画だけでなく挿絵画家、彫刻家、陶芸家、小説家、詩人、映画監督とかなり多彩な活躍をしていました。ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展、第33回ヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞受賞、1...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 危険ドラッグやマリファナ、ヘロイン、覚せい剤、LSD、など、世の中には薬物があり、それらの服用した事件や犯罪が世界各国で多発していますね。本当に怖いです。 今回、ご紹介するこれらの9つのドローイングはある芸術家がLSDの影響下で描いた変化の過程を記録したものです。描かれているモデルとなった人物...
「心は画人ではなく武人」鬼気迫る挿絵。剣豪の末裔、画家・伊藤彦造の仕事... 伊藤一刀斉(いとう いっとうさい)の末裔、画家・伊藤彦造(1904〜2004)の作品をご紹介します。伊藤一刀斉は戦国時代から江戸初期にかけての剣客で、一刀流剣術の祖(自称したことはない)。様々な逸話があり、漫画家井上雄彦による「バガボンド」に登場しています。 伊藤彦造も幼少の頃真剣をもって剣の...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く奇怪な恐竜やSF的な怪物たち... ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く、怪物や空想上の恐竜のドローイングが素晴らしいです。人間との比較で実際のスケール感や想定された骨格、雄雌の違いなどまで描き分けています。 エイリアンや、河童、妖精、既存の動物と融合したかのような恐竜も描き、様々な造形的要素を組み合わ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る