なにこのラスボス感。全く勝てる気がしない仏像彫刻が圧倒的迫力

上海とニューヨークに拠点を置く中国のアーティスト張 洹・Zhang Huan(ジャン・ホァン)(1965年-)の作品「Three Heads Six Arms(六道轮回)」【404 x 483 x 328 inches(1026 x 1228 x 832 cm)】をご紹介します。圧倒的迫力ですね。漫画やゲームの世界のようです。他にも巨大で迫力ある作品を制作しています。

この作品は2008年にサンフランシスコの市役所前の広場に展示されたようですよ。子ども達も大喜びですね。

Zhang Huanは、画家としてのキャリアをスタート、その後パフォーマンスアートに移行してから、また絵画の制作を開始しています。











ネットではこんなコラ画像が出回っていますwww絶妙。






 
 
 

2013年10月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像... ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像が大変興味深いです。オランダのアッセンにあるドレンテ博物館で開催された「ミイラ展」に出品された仏像です。展示の冊子によるところでは、「即身仏」のようで、その仏像の中のミイラ化した遺体は約1100年以上前に生きていたとされる中国の僧侶です。 僧侶は石棺に入れら...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
また現れた!!人々を困惑させる奇妙すぎるオブジェ作品「Quasi」... 以前、ご紹介したニュージランド出身のアーティストRonnie Van Hout(ロニー・バン・ハウト)(1962-)の作品「Quasi」(2016年)が、今度はニュージーランドのウェリントン市立美術館(The City Gallery Wellington)の屋上に出現しました。 2016年か...
清水寺・非公開寺院で開催中の桑田卓郎展「日々」、 音羽山清水寺(京都市)で8月25日(日)まで開催中... 音羽山清水寺(所在地:京都市東山区)では、8月25日(日)まで、春秋の一般公開を除いては非公開の塔頭寺院「成就院」と、「経堂」を会場に現代アートの展覧会を開催中です。 作家は桑田 卓郎氏。伝統的な陶芸の技術に、大胆な造形、ポップな色使いで現代的な感覚を加えた作品は、「一度見ると忘れられない」圧...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る