なにこのラスボス感。全く勝てる気がしない仏像彫刻が圧倒的迫力


上海とニューヨークに拠点を置く中国のアーティスト張 洹・Zhang Huan(ジャン・ホァン)(1965年-)の作品「Three Heads Six Arms(六道轮回)」【404 x 483 x 328 inches(1026 x 1228 x 832 cm)】をご紹介します。圧倒的迫力ですね。漫画やゲームの世界のようです。他にも巨大で迫力ある作品を制作しています。

この作品は2008年にサンフランシスコの市役所前の広場に展示されたようですよ。子ども達も大喜びですね。

Zhang Huanは、画家としてのキャリアをスタート、その後パフォーマンスアートに移行してから、また絵画の制作を開始しています。











ネットではこんなコラ画像が出回っていますwww絶妙。






 
 
 

2013年10月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像... ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像が大変興味深いです。オランダのアッセンにあるドレンテ博物館で開催された「ミイラ展」に出品された仏像です。展示の冊子によるところでは、「即身仏」のようで、その仏像の中のミイラ化した遺体は約1100年以上前に生きていたとされる中国の僧侶です。僧侶は石棺に入れら...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二は使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を吹き...
本物より本物っぽい。セミの抜け殻で作られた異形のバルタン星人... Twitterユーザーのタニクラカイ(@rlavemmN8fX18pY)が制作したセミの抜け殻で作られたバルタン星人がすごいと話題になっています。なんとも違和感がなく、細部まで、手が届いており、そして完成度も高い!!!円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組シリーズ「ウルトラシリーズ」に登...
ノスタルジックな世界に恍惚。ダンボールで作られた風景や建物が美しい... こちらはオーストラリア、メルボルン在住のDaniel Agdag(ダニエル・アグダグ)のダンボールで作られた作品です。ダンボールの材質感や色味が生かされておりノスタルジックな世界になっていますね。実に細やかな手作業が伺えます。「Lost Property Office(ロスト・プロパ...
小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」... ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!!シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一...
事故!?フィアット(車)を厚さ12cmのペシャンコ状態にした芸術作品... こちらはイスラエルのデザイナーRon Aradの作品。潰された車6台は、イタリアを代表するカーブランド「FIAT(フィアット)」で、結果12センチの厚さの金属になったそうです。何年も前に彼の父親が乗っていたフィアットが車体が粉砕するほどの交通事故にあった時のことが由来しています。車を丸ごと使...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る