愛しき者の死に向き合った写真。荒木経惟が22年間捉え続けた愛猫チロの姿


写真家・荒木経惟が飼っていた猫・チロは2010年3月2日に、人間なら100歳を超えるかという22歳で亡くなっています。

荒木経惟はチロが亡くなるまでに多くのチロの写真を残しています。元々、猫嫌いだったそうですが撮影にするうちにチロに魅力されていきます。日を追うごとに深まってゆく愛に満ちたチロの姿にとても切なくなります。単なるペットの写真ではなくドキュメンタリー要素を含んだ写真作品です。











すべての写真を見る

写真と共に荒木経惟の言葉も合わせてどうぞ。

なんだかんだ言って、女の人もいっぱい撮ってきたけど、ちゃんと気持ちが入って一番シャッターを押したのは、チロちゃんだったな。
ずっとさあ、そばにいるんだもん。俺(おれ)の場合、身近で愛(いと)おしいものを撮るから。最高の被写体だったな。

俺は、すごく愛されたという感じがあるし、向こうもそう感じてくれたと思う。自分の家のバルコニーで空の写真を撮っているときも、いつも足元にいてさあ、二人で撮っている感じだったね。

お葬式は、ちょうど桃の節句。お棺に桃の花を入れて、いい死に顔だから撮ったんだ。無常感にひかれて。でも後ろめたい感じもするんだ。その半面、妙にざわめくんだよね。チロちゃんは、「いつまで撮るんだ」って思っていたかもしれないね。

今も夜、寝室のドアを開けておくことがあるんだ。チロちゃんが入ってくるはずないんだけどさ。気持ちだね。

ilove.catnock-nock-nockアサヒ・コム速報


チロ愛死

チロ愛死
チロ愛死






 
 
 

2013年10月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...
技術力が圧巻。デジタル処理で作られた非現実世界が、かなりリアルに見える... レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業で、スウェーデンに拠点を置くErik Johansson(エリック・ヨハンソン)さんは、プロのレタッチャーであり、フォトグラファーです。 限りなくリアルに見えるフォトショップの技術力、レタッチなどが凄いの...
話題のアマチュア写真家【西本喜美子】の初写真集... 以前ご紹介したアマチュア写真家・西本喜美子のセルフ・ポートレート作品ですが、写真集「ひとりじゃなかよ」となって発売されます。衝撃的なセルフ・ポートレートで各メディアを賑わせた写真家の初となる写真集です。 話題となったセルフ・ポートレートから心温まる熊本弁の詩や幻想的な写真が掲載されています。飛...
ダークで幻想的。特異な「死」のイメージを作り出すフランスのグラフィックデザイナーDehn Sora... フランスのグラフィックデザイナー、アートディレクターDehn Soraによるアンビエント、エクスペリメンタル(実験的な環境音楽)バンド「Treha Sektori」は、音楽とともにアルバムワークなどでダークで特異なイメージを作り出しています。 Dehn Sora自身がアートワークを担当しており...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る