愛しき者の死に向き合った写真。荒木経惟が22年間捉え続けた愛猫チロの姿

写真家・荒木経惟さんが飼っていた猫・チロは2010年3月2日に、人間なら100歳を超えるかという22歳で亡くなっています。

荒木経惟さんはチロが亡くなるまでに多くのチロの写真を残しています。元々、猫嫌いだったそうですが撮影にするうちにチロに魅力されていきます。日を追うごとに深まってゆく愛に満ちたチロの姿にとても切なくなります。

単なるペットの写真ではなくドキュメンタリー要素を含んだ写真作品です。











すべての写真を見る

写真と共に荒木経惟の言葉も合わせてどうぞ。

なんだかんだ言って、女の人もいっぱい撮ってきたけど、ちゃんと気持ちが入って一番シャッターを押したのは、チロちゃんだったな。
ずっとさあ、そばにいるんだもん。俺(おれ)の場合、身近で愛(いと)おしいものを撮るから。最高の被写体だったな。

俺は、すごく愛されたという感じがあるし、向こうもそう感じてくれたと思う。自分の家のバルコニーで空の写真を撮っているときも、いつも足元にいてさあ、二人で撮っている感じだったね。

お葬式は、ちょうど桃の節句。お棺に桃の花を入れて、いい死に顔だから撮ったんだ。無常感にひかれて。でも後ろめたい感じもするんだ。その半面、妙にざわめくんだよね。チロちゃんは、「いつまで撮るんだ」って思っていたかもしれないね。

今も夜、寝室のドアを開けておくことがあるんだ。チロちゃんが入ってくるはずないんだけどさ。気持ちだね。

ilove.catnock-nock-nockアサヒ・コム速報


チロ愛死

チロ愛死
チロ愛死






 
 
 

2013年10月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

障害を持った犬を撮影したポートレイト写真「Disabled Pets」... フォトグラファーCarli Davidson(カルリ・デイビッドソン)の写真作品をご紹介します。交通事故などで車椅子になった犬や虐待されて下半身が麻痺した犬を撮影した写真作品です。Carli Davidsonは犬や猫を被写体に多くの写真を撮影しています。 (adsbygoo...
【まとめ】若手フォトグラファーを中心に流行中!?シュール系ポートレイト写真... シュールなテイストのポートレイト写真が若いアーティストを中心に流行っているみたいですね。最近、海外サイトを見るとよく拡散されていますのでこの機会にまとめておきたいと思います。 アメリカの写真家ロバート&シャナ・パークハリソン夫妻(Robert and Shana ParkeHarrison)や...
1990年代ガーリーフォトブームの火付け役。女子高校生写真家として注目されたHIROMIXの写真作品... HIROMIXは1990年代のガーリーフォトブームの火付け役として有名で1995年にCanon写真新世紀優秀賞、最優秀賞受賞、2001年「HIROMIX WORKS」で第26回木村伊兵衛賞受賞するなどちらも最年少で獲得し一躍脚光を浴びました。 現在、写真家としての活動を伝える情報が少なく、新作...
官能的な空間。暗闇から浮かび上がる艶かしい女性を捉えた写真作品... 南アメリカで生まれ、オランダで育ったフォトアーティスト/デジタルアーティストMariska Karto(マリスカ・カルト)の写真作品をご紹介します。 強い明暗や深い色彩は16世紀末から17世紀のバロック絵画にインスピレーションを得ているようです。わずかな光源にある艶かしい女性の肢体がとても幻想...
着眼点が秀逸。シャボン玉の中に広がる世界を捉えたフォトグラファーの作品「World in a Bub... こちらはフォトグラファーTom Stormの「World in a Bubble」というプロジェクトの一連の写真作品です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国のランドマークを背景に多くのシャボン玉を撮影しています。 写し出されたシャボン玉はまるでシャボン玉の中にその風景が広がっているようでとても...
夢の中のよう。浮遊感溢れるガーリーでドリーミーな写真シリーズ「distorted gravity」... 女性が浮遊する写真と言えば、「本日の浮遊 Today's Levitation」の林ナツミが日本ではとても有名ですが、海外にも多くの浮遊する女性を撮影しているフォトグラファーがいます。 こちらはポルトガルを拠点に活動するフォトグラファーAnka Zhuravlevaの写真シリーズ「distor...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る