まるで本物。伝説上の生物「人魚」を立体化した芸術作品

Juan Cabana(フアン・カバナ)の立体作品「Aquatic」をご紹介します。この「Aquatic」は、伝説上の生物である「人魚」をモチーフにした作品で、その人魚が波打ち際に流れついた、ミイラになった状態で打ち上げられたかのような作品です。

人魚は古今東西で、それぞれのイメージがあり、西洋絵画などで描かれてきた女性の人魚マーメイドは半身がとても美しいですが、日本やアジア地域では、怖い、恐ろしい存在として言い伝えられていることがあります。
以前ご紹介した江戸時代の絵師・川原慶賀が描いた人魚にも通づるところがありますね。合わせてご覧ください。

長崎の絵師、川原慶賀(1786-1860)が描いた「人魚図」

Juan Cabana(フアン・カバナ)が作り上げた「人魚」は、美しいとは言えない、怪物のような人魚達です。こんなのが浜に打ち上がっていたら卒倒してしまいますね。リアル過ぎてビックリしてしまいますね。
素材はミクストメディアと表記があり、本物の魚の皮や鰭(ひれ)や歯などを使用しています。

The Art of Juan Cabana






すべての画像を見る






 
 
 

2013年10月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。 昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
まるで風船のよう!?死んだ動物の皮を使って球体にしたアート作品... こちらは中国の大連出身のアーティストYang Maoyuan(1966-)の作品です。これらの馬などの動物たちの胴体や体の一部が球体のように丸くなった作品は、死んだ動物の本物の皮を使って制作されています。予め作ってある球体に皮を貼付けていくことによってできあがっています。一部の皮はインクによって色が...
怖過ぎ!?ガラスを重ねて作られた立体作品がガクブル級のホラー... 中国のアーティストXia Xiaowanの作品をご紹介します。これはちょっと近づきがたい作品ですね。普通に怖いです。このアーティストはガラスを何枚も重ねることによって立体的な像を作りだしています。 単なる人物や物体や像ではなく、存在するかどうかわからない曖昧な形態感を表現することでより一層リア...
蘇るアート界の巨匠。ダリとウォーホールを衝撃的なリアルさで制作する特殊メイクアップアーティスト辻一弘... 京都出身の日本人アーティスト辻 一弘(Kazuhiro Tsuji)の作品をご紹介します。 以前ご紹介したエイブラハム・リンカーンのリアルな胸像を制作したアーティストの作品です。どうやったらこんな作品が生まれるのか、制作する風景を一から見てみたい作品です。あまりにリアル過ぎて驚きですね。 ...
なんというクオリティ。段ボールだけで作ったフル可動式フィギュアがすごい!!... bububu氏の段ボール作品をご紹介。これらの作品は全て段ボールで作られいてフル可動するとてもユニークな立体作品です。 塗装した部分と生の段ボールが残っている部分の割合が絶妙です。ポーズがまたカッコいいですよね!これが可動式だなんてちょっと信じられません。トランスフォーマーもビックリですね。 ...
NIKEスニーカー×甲冑。戦国時代と現代のファッションが見事に融合した立体作品... こちらはスタイリスト三田真一、ステインアーティストの土屋秋恆、ファッションデザイナーのスズキタカユキによるユニットTENKIの作品です。ディレクションは三田真一が手がけています。こちらの作品は甲冑をイメージして作られました。 使われたのはNIKEのスニーカーであるAIR FORCE1で、これら...
     

SNSで更新情報を配信中!!